ラナイ島にある無人のゴルフ場

[キャベンディッシュ・ムニシパル・ゴルフコース ]

前日にホテルの部屋にあったラナイ島の地図を見て発見した3つめのゴルフコース。

地図にはキャベンディッシュ・ムニシパルゴルフコースと記載されています。

ジ・エクスペリエンスアットコエレの横にあります。

コエレのスタッフにキャベンディッシュゴルフコースのことを聞くと、自由にラウンドしていいよ。とのこと。

前日に下見に行ったのでスムーズにゴルフ場に到着。

前日の記事はこちら「ラナイ島の3つめのコースを発見

00SN3O0726.JPG

クラブハウスには誰もいません。

00SN3O0727.JPG

キャベンディッシュゴルフコースは1947年に開場したようです。

設計はE・B・キャベンディッシュ氏。ハワイアンパイナップルカンパニー(ドールパイナップル社の前身の企業)の守衛の責任者だった人物。

隣のコエレが1991年開場なのでラナイ島最古のゴルフコースになります。

IMG_3333.JPG

地図に各ホールがどういうレイアウトになっているか数字をふってみました。

青色の数字がティーグラウンドで黄色がグリーン。

歩きラウンドなのでドライバーに7番アイアン、52度のウェッジだけでラウンドしました。

パターは7番アイアンのロフトを殺して代用することに。

息子も一緒にラウンドしたのですがコエレのラウンド後ということもあり、疲れて2番ホールを終えてリタイア。

9ホールを二度ラウンドするようなのでハーフだけラウンドしてきました。

 

01番ホール 337ヤード パー4

10番ホール 365ヤード パー4 

01aaSN3O0628.JPG01abSN3O0729.JPG

緩やかな打ち上げのパー4

01aSN3O0692.JPG

ラナイシティのシンボル的な木のノーフォークパインツリーで各ホールをセパレートしています。

01bSN3O0694.JPG

こちらは10番ホールのティー。1番ホールのティーのやや左後ろにあります。

01cSN3O0728.JPG

 

2、11番ホール 375ヤード パー4

02aaSN3O0695.JPG

打ち下ろしのパー4

02aSN3O0696.JPG

1番ホールで上ったコースを今度は下っていきます。右のノーフォークパインツリーの向こうが1番ホール。

02bSN3O0697.JPG

息子は二番ホールを終えて空腹と疲れでリタイア。

02cSN3O0698.JPG

右にはクラブハウスが見えます。

 

3、12番ホール 339ヤード パー4

03aSN3O0699.JPG

左ドッグレッグのパー4

03aSN3O0700.JPG

再び打ち上げになります。

03bSN3O0701.JPG

 

4、13番ホール 313ヤード パー4

04aaSN3O0702.JPG

左ドッグレッグのパー4

04aSN3O0703.JPG

04bSN3O0704.JPG

 

5、14番ホール 452ヤード パー5

05aaSN3O0705.JPG

打ち上げのパー5

05aSN3O0706.JPG

05bSN3O0707.JPG

グリーンに近づくにつれ打ち上げがきつくなります。

05cSN3O0708.JPG

フラッグにはパイナップルの絵が描かれていました。

05dSN3O0709.JPG

 

06番ホール 371ヤード パー4

15番ホール 368ヤード パー4

06aaSN3O0711.JPG06abSN3O0712.JPG

打ち下ろしのパー4

06aSN3O0713.JPG

6番と15番の違いはティーグラウンドの位置が6番が左で15番が右。

06bSN3O0714.JPG

6番、15番のグリーンは右。左に見えるのは1番のグリーン。

 

07番ホール 195ヤード パー3

16番ホール 175ヤード パー3

07aaSN3O0715.JPG07abSN3O0717.JPG

谷越えのパー3

07SN3O0716.JPG

写真の風景は7番ホール。16番は写真左下に見える白いティーの位置から。

 

8、17番ホール 550ヤード パー5

08aaSN3O0719.JPG

左ドッグレッグのパー5

08aSN3O0718.JPG

08bSN3O0720.JPG

グリーン手前は窪地越え。

 

08cSN3O0721.JPG

 

09番ホール 139ヤード パー3

18番ホール 158ヤード パー3

09aaSN3O0724.JPG09abSN3O0722.JPG

窪地越えで打ち上げのパー3

09SN3O0725.jpg

こちらは9番ホールの風景。

18SN3O0723.JPG

こちらは18番ホールの風景。

ラウンド中、他のプレイヤーを全く見かけませんでした。

無人の質素なゴルフコースを一人でクラブ三本だけでラウンド。

質素ですがゴルフバカにとっては贅沢な時間でした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. マウイ島、ラナイ島の旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください