静かなる松林の中に佇むコース

[パインハーストNo.6 ]

パインハースト二日目は、パインハーストNo.6。

パインハーストはNo.2が世界ゴルフ場100選の16位、全米ゴルフ場100選の10位、全米パブリックコース100選の3位に、

そして、No.8が全米パブリックコース100選の97位にランキングされています。

そんなこともあり、No.8をラウンドしたかったのですが、予約がいっぱいでNo.6に。

No.1~5まではメインクラブハウスを使用しますが、No.6~8まではそれぞれ別のクラブハウスに分かれています。

メインクラブハウスからNo.6は東北方向、No.7は東方向、No.8は北方向の数キロ圏内にコースがあります。

こちらはNo.6のクラブハウス。プロショップなど必要最低限の設備。

パインハーストNo.6の開場は1979年。

トム・ファジオとその叔父のジョージ・ファジオが共同で設計。

その後、2005年に再びトム・ファジオがバンカーを追加するなど改造を行ったコース。

ティーはゴールド(6990ヤード)、ブルー(6537ヤード)、ホワイト(6115ヤード)、グリーン(5581ヤード)、レッド(5001ヤード)とあり、ブルーティーからティーオフ。

 

1番ホール 411ヤード パー4

ストレートでやや打ち上げのパー4

 

2番ホール 529ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

ドッグレッグ地点からは打ち上げ。

 

3番ホール 176ヤード パー3

グリーン左にバンカーが配置されているパー3

 

4番ホール 379ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

04bIMG_0261.jpg

 

5番ホール 391ヤード パー4

ストレートなパー4

グリーン右手前にバンカーがあるのでティーショットは左狙いがベスト。

 

6番ホール 492ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

グリーン右手前には池が。

7番ホール 171ヤード パー3

池越えのパー3

 

8番ホール 371ヤード パー4

ストレートなパー4

このホールをラウンドしているときに昨夜の日本食のお店のオーナー夫婦がカートに乗ってプレイを見に来てくれました。昨夜にNo.6をラウンドするという話をしていたのを覚えていてくれていたのです。

ラウンド後にランチをしようとお誘いをいただきました。

18ホールが終わるころに再び戻ってくると約束。

 

9番ホール 420ヤード パー4

距離の長い左ドッグレックのパー4

 

10番ホール 403ヤード パー4

ストレートなパー4

セカンドショット地点から先は左右にウォーターハザードが。

セカンドはやや打ち上げ。

11番ホール 398ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

右OBで左はラテラルウォーターハザード扱い。

 

12番ホール 359ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

セカンドショットはやや打ち上げ。

13番ホール 186ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

グリーンの左には池があります。

 

14番ホール 368ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

ドライバーは必要ありません。右にいくと池なのでティーショットは左狙い。

セカンドショットは谷越え

 

15番ホール 490ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

 

16番ホール 181ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

17番ホール 387ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

セカンドショットは打ち上げ。

 

18番ホール 425ヤード パー4

まっすぐで打ち上げのパー4

4月中旬の松の花粉が舞う時期にラウンドしたからだと思いますがラウンド終了後はキャディバッグやクラブなどが花粉で真っ黄色になっていました。

ハーストはアングロサクソン語で囲まれた森という意味なので、周りが松の木だらけのその名の通りのパインハーストでした。 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください