ドナルド・ロスのマスターピース

[Pinehurst No.2/パインハーストNo.2 ]

ノースカロライナ州のパインハーストゴルフリゾート。

パインハーストにはNo.1~No.8の8つのコースがあり、一番有名なのはドナルド・ロス設計のNo.2。

1907年にコースはオープン。1974年にロバート・トレント・ジョーンズが改造を行いましたが、2010年にビル・クーアとベン・クレンショーがドナルド・ロスのオリジナルデザインに復元しました。

ドナルド・ロスはスコットランドのドーノッホの街で生まれ、ロイヤルドーノッホでゴルフを覚えた。

そしてセントアンドリュースで、トム・モリスの元で設計を学んだ後、アメリカに移り世界中で413ものコースを設計。

ドナルド・ロスが設計したコースの中で世界ゴルフコース100選や全米ゴルフコース100選に選ばれているコースだけでも以下の10コースもある、名設計家。

 

ノースカロライナ州 パインハーストNo.2(1907年開場・世界16位)

フロリダ州 セミノール(1929年開場・世界22位)

ミシガン州 オークランドヒルズ・サウス(1917年開場・世界35位)

ニューヨーク州 オークヒル・イースト(1923年開場・世界60位)

オハイオ州 インヴァネス(1919年開場・US83位)

ニュージャージー州 プレインフィールド(1921年開場・US50位)

ジョージア州 イーストレイク(1910年開場・US63位)

オハイオ州 サイオト(1916年開場・US65位)

ペンシルバニア州 アロニミンク(1928年開場・US82位)

ミネソタ州 インターラチェン(1911年開場・US85位)

※ランキングは2013年GOLF Magagine社。

このリストを見ていただいてわかるようにパインハーストNo.2はドナルド・ロスの最高傑作であることがわかります。

 

そしてパインハーストNo.2でもう一人有名なのは、この人。

こちらの右の銅像のペイン・スチュワート。

1999年の全米オープンでフィル・ミケルソンを1打差で振り切り優勝したときにウイングパットを決めた時のポーズです。このしばらく後、飛行機事故で帰らぬ人になりました。

パインハーストNo.2では過去に

1931年 全米プロゴルフ選手権

1956年 ライダーカップ

1999年 全米オープン

2005年 全米オープン

が開催されてますが、何より今後のゴルフ史に残るであろう大会として

2014年に全米オープン、全米女子オープンと2週連続で初開催されることが決まっています。

 

パインハーストNo.2の特徴はお皿をひっくり返したようなグリーン。

ボールが止まりにくく、アベレージゴルファーの私にはアプローチが難しいコースでした。

5番パー4が、The 500 World’s Greatest Golf HolesのThe One Hundredに、2番パー4と10番パー5がThe Five Hundredに選出されています。

ティーはUSオープン(7495ヤード)、ブルー(6930ヤード)、ホワイト(6307ヤード)、グリーン(5822ヤード)、レッド(5267ヤード)とあり、ホワイトティーからティーオフ。

 

1番ホール 376ヤード パー4

ストレートなパー4

残りヤードのマークはパインハーストのマスコットキャラのパターボーイの絵が描かれています。

 

2番ホール 376ヤード パー4

ストレートなパー4

ティーショットは左狙い。左からだとグリーンは花道から狙えます。

 

3番ホール 330ヤード パー4

距離の短いやや右ドッグレッグのパー4

ティーグラウンドから2番ホールを振り返った風景。

ドナルド・ロスは晩年このホールのそばに自宅を造り、余生を過ごしていたようです。

 

4番ホール 471ヤード パー5

打ち下ろしのパー5

次の5番ホールのティーグリーンから4番グリーンの左サイドをみた風景。

 

5番ホール 425ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。こちらはUSオープンティーの風景。

ブルー、ホワイトティーの風景はこちら。

フェアウェイは右から左にかけて傾斜しているのでティーショットは右狙い。

 

6番ホール 178ヤード パー3

グリーンフロントから転がすのがいいパー3

 

7番ホール 385ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

4,5,6番ホールとタフなホールが続いたので息抜きになるホール。

グリーン右サイドのバンカーからグリーンを見た風景。

 

8番ホール 440ヤード パー5

ストレートなパー5。全米オープン時はパー4になります。

こちらはUSオープンティーからの風景。

 

9番ホール 148ヤード パー3

グリーン奥にもバンカーがあるパー3

グリーン右手前バンカーからグリーンをみた風景。

 

10番ホール 455ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

ブルーティーからは580ヤードと距離のあるパー5になります。

 

11番ホール 375ヤード パー4

やや右にドッグレッグしているパー4

右にはウエストエリアがグリーン手前まで続いています。

 

12番ホール 360ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

 

13番ホール 358ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

 

14番ホール 419ヤード パー4

ストレートな距離のあるパー4。こちらはUSオープンティーからの風景。

こちらはブルー、ホワイトティーからの風景。

グリーンからコースを振り返った風景。

 

15番ホール 170ヤード パー3

このホールもグリーン手前からが鉄則。

 

16番ホール 478ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5。2005年のUSオープンの時はパー4に。

ティーグラウンドの少し先の左サイドにはこのコース唯一の池があります。

セカンドショットは、この左サイドのバンカーに注意が必要。

 

17番ホール 162ヤード パー3

グリーン右側にカップが切られているとかなり難しくなるパー3

 

18番ホール 366ヤード パー4

やや右ドッグレッグしているパー4

フェアウェイ右には深いフェアウェイバンカーが配置されています。

18cIMG_0172.jpg

とにかくグリーンを狙うショットが難しく、もう一度チャレンジしたくなる素晴らしいコースでした。 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください