史上最高にして最大の城、ヴェルサイユ宮殿

[Château de Versailles(ヴェルサイユ宮殿)]

ヴェルサイユ宮殿にやってきました。ヴェルサイユ宮殿はこちらの騎馬像の太陽王ルイ14世が建てた史上最高にして最大の城と呼ばれていますが、元々はルイ13世が狩猟の休憩小屋として作ったのが始まりで、それを増改築して1631年に館が完成。これがヴェルサイ宮殿の原型らしい。

IMG_6121

その後、ルイ14世が当時不衛生なパリを嫌い1661年以降、ヴェルサイユに移り、富と権力の象徴として増改築を繰り返してその後もルイ15世、16世にも受け継がれ、その時代の建築様式をいろいろと取り入れていきました。

ルイ14世のときはバロック様式、15世はロココ様式、16世は新古典主義を取り入れて4人の王が100年に渡り、拡張を続けてきた城です。

IMG_6123

金色のゲートの向こうが宮殿です。ゲートから入場ではなくこの写真の左側にある入り口からセキュリティチェックを受けて入場。

IMG_6125

IMG_6127

こちらは王室の礼拝堂。

IMG_6127a

IMG_6131

そして二階に上がり、窓からヴェルサイユ庭園を見下ろします。

IMG_6142

二階からみた王室の礼拝堂の天井の「蘇生の輝きを表す神の絵」

IMG_6145b

 

ヘラクレスの間

こちらは宮殿最大の暖炉

IMG_6150

フランソワ・ルモワンヌが天井部分に描いた「ヘラクレスの栄光」

IMG_6154

パオロ・ヴェロネーゼの「シモン家の宴」

IMG_6158

 

ヴィーナスの間

IMG_6167

 

ディアナの間

IMG_6170

 

マルスの間

IMG_6173

 

メリクリウスの間

IMG_6176

アポロンの間

IMG_6184

 

戦争の間、この部屋に続くのが鏡の回廊になります。

IMG_6189

 

戦争の間の、オランダ戦争の時のライン川を越えるルイ14世を描いたレリーフ

IMG_6190

 

そしていよいよ鏡の回廊に

IMG_6191b

IMG_6193

IMG_6197

IMG_6199

17個の窓に対になるように配置された17枚の鏡

IMG_6205

IMG_6206

IMG_6207

IMG_6212

 

ヴェルサイユの庭園も見学したかったのですが午前中とは打って変わり雨が降り出したので今回は諦めました。

IMG_6219

パリに戻り夕食を食べたいと思います。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください