琉球王国最高位の御嶽

[斎場御嶽]

沖縄観光の最初の目的地は斎場御嶽(せーふぁうたき)

IMG_4671

斎場御嶽(せーふぁうたき)は15~16世紀の琉球王国の御嶽(うたき)で御嶽とは琉球の信仰における聖域の総称。

IMG_4672

せーふぁは最高位という意味で斎場御嶽は最高の御嶽という意味。

IMG_4673

御門口。階段の右側には6つの香炉が設置されていますが、ここから中にある拝所の数を表しているようです。

IMG_4674

御門口から一番近い拝所の大庫理(ウフグーイ)

IMG_4677

こちらは戦争の爪痕の艦砲穴。1945年の沖縄戦で残った砲弾跡。

IMG_4678

大庫理の岩をぐるりと左に回った裏側にある寄満(ユンイチ)

IMG_4682

シキヨダユルとアマユダルの壺

IMG_4685

この二本の鍾乳石から滴り落ちる聖なる水を受け取るために配置されています。

IMG_4686

斎場御嶽で一番有名な光景です。

IMG_4689

巨岩が造りだすトライアングルの先に広がる空のブルーがとても綺麗です。

IMG_4691

三角形の空間の奥には2つの拝所があります。こちらはらチョウノハナ。

IMG_4692

御嶽の一番奥にある三庫理(サングーイ)

IMG_4693

左側には久高島が見ることができます。久高島は太陽の上がる方向にあるので琉球王国時代から崇拝されています。

IMG_4694

久高島の向こうにはニラカナイ(理想郷)があると言われています。

IMG_4699             

ピンと張りつめた空気が漂う空間でした。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください