三陸のリアス式海岸を巧みに設計に取り入れたシーサイドコース

[宮古カントリークラブ]

岩手県宮古市にある宮古カントリークラブ。

開場は1972年。設計は富沢誠造。

三陸のリアス式海岸の高台に造られたシーサイドコースでした。

海沿いの木々が邪魔をしていてあまり海が見えることがなく残念でしたが、日本特有の法律で守られている魚つき保安林だと思うので仕方ないですね。

ティーはバックティーからティーオフ。

 

1番ホール 539ヤード パー5

緩やかな打ち上げで左ドッグレッグのパー5

01aDSC03039

01bDSC03041

01cDSC03043

 

2番ホール 385ヤード パー4

打ち下ろしで左ドッグレッグのパー4

02aDSC03044

セカンドは打ち上げ

02bDSC03046

 

3番ホール 384ヤード パー4

左ドッグレッグで打ち上げのパー4

03aDSC03047

03bDSC03050

グリーン奥から振り返った風景。海が見えます。

03zIMG_7986

 

4番ホール 377ヤード パー4

打ち下ろしの右ドッグレッグのパー4

04aDSC03052

04bDSC03055

 

5番ホール 189ヤード パー3

やや打ち上げのパー3

05DSC03056

 

6番ホール 374ヤード パー4

やや打ち上げの右ドッグレッグのパー4

06aDSC03058

06bDSC03060

 

7番ホール 163ヤード パー3

フラットなパー3

07DSC03061

 

8番ホール 554ヤード パー5

S字にドッグレッグしているパー5

08aDSC03063

08bDSC03064

08cDSC03065

サードショットはグリーンに向かって打ち上げ

08dDSC03066

 

9番ホール 425ヤード パー4

距離のある打ち下ろしでストレートなパー4

09aDSC03067

09bDSC03068

 

10番ホール 572ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

10aDSC03069

10bDSC03070

10cDSC03072

10dDSC03074

 

11番ホール 444ヤード パー4

馬の背と呼ばれていて海に向かってまっすぐ進む難度の高いパー4。

とにかくフェアウェイが狭く感じます。コースの両側とグリーン奥の木がなければ海が見えるはずなので、更に素晴らしいホールになると思うので残念ですが、法律で規制されているので仕方ないですね。

11aDSC03076

11bDSC03077

11cDSC03078

 

12番ホール 198ヤード パー3

左に海が見える入り江越えのパー3

12DSC03081

グリーン手前から海を見た風景

12DSC03082

12DSC03083

グリーン奥から振り返った風景

12zIMG_7995

 

13番ホール 407ヤード パー4

ティーショットが打ち下しで左ドッグレッグのパー4

13aDSC03084

13bDSC03085

グリーン奥から振り返った風景

13zDSC03086

 

14番ホール 424ヤード パー4

打ち上げで右ドッグレッグのパー4

14aDSC03087

14bDSC03089

グリーンに上がると奥に海が見えます。

14DSC03090

グリーン奥からは先ほどの12番グリーンから見えた入江が見えます。

14DSC03091

 

15番ホール 149ヤード パー3

谷越えのパー3

15DSC03092

 

16番ホール 393ヤード パー4

ストレートなパー4

16aDSC03094

セカンドは打ち上げ

16bDSC03095

 

17番ホール 371ヤード パー4

ストレートなパー4

17aDSC03097

17bDSC03098

17cDSC03099

 

18番ホール 525ヤード パー5

ストレートなパー5

18aDSC03100

18bDSC03102

18cDSC03104

グリーンからコースを振り返った風景

18zIMG_7999

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください