神戸風お好み焼きの「にくてん」

[お好み焼き ゆき]

神戸では「にくてん」というお好み焼き風の食べ物があります。戦前は神戸市全体にありましたが、現在は主に長田区周辺のみに残っている食べ物です。

「お好み焼き ゆき」で「にくてん」をいただくことにします。

にくてんは、お好み焼きの原型ともいわれて、薄く焼いた生地の上に、ぼっかけ(牛すじとこんにゃくを煮たもの)や天かすを重ねて焼いたものです。神戸以外の西日本では一銭洋食や洋食焼きと呼ばれています。肉と天かすを乗せていたから「にくてん」と呼ばれるようになったのだとか。(他にも説があります)

にくてんは、神戸市長田区周辺以外になぜか高砂市でも名物でこちらのにくてんはジャガイモが入っています。これはおでんの残りを乗せて焼いたからのようです。高砂市のにくてんもいつか食べてみたいと思います。

では、神戸市長田区と高砂市だけ、なぜ「にくてん」が残っているのか?

昔はどこの地域も小麦粉の薄焼きに具材を乗せて店員が焼く「にくてん」のスタイルでしたが、効率よく商売するために、好みの具材を混ぜて客に焼いてもらい提供するスタイルに時代の流れと共に変化していきました。それが「お好み焼き」と言われるものになりました。

しかし、長田区や高砂市は個人経営の店が多かったので、「にくてん」のスタイルが残ったと言われています。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください