火口跡に生まれた大草原「草千里ヶ浜」

昼食を食べた後は正面に広がる草千里ヶ浜を見学に。

aso1SN3J0716.JPG烏帽子岳の下に広がる草千里ヶ浜は直径1kmにわたって広がる草原です。

aso1SN3J0719.JPG草原には馬や牛が放牧されていて、引き馬に乗って草原を散歩することもできます。

aso1SN3J0720.JPG雨水が溜まってできた池が2つあり、右側の池は涸れることはありませんが左の池は度々涸れるようです。

aso1SN3J0722.JPG草千里ヶ浜から先ほどの中岳火口を見た風景。火山ガスがまだモクモクと噴出していました。

阿蘇山観光はこれにて終了。タクシーで赤水駅まで送ってもらい、列車に乗り、スイッチバックを体験してから熊本空港に向かいます。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください