Poor man’s Pebble Beach/貧乏人のペブルビーチ

[Sandpiper Golf Club/サンドパイパーゴルフクラブ ]

スパニッシュベイをラウンドして次の朝、モントレーを後にして目指す地はサンタバーバラのサンドパイパーゴルフクラブ。

サンドパイパー[Sandpiper]とはシギという意味でゴルフ場のロゴもシギのイラストでした。

このサンドパイパーは「Poor man's Pebble Beach(貧乏人のペブルビーチ)」とも呼ばれています。

ゴルフダイジェストが全米トップ25のパブリック・コースに選出しているだけあり、ペブルビーチのように豪華さはありませんが、太平洋沿いの景観のよいゴルフ場で、特にインコースはレイアウトも風景もワクワクするホールが続いて楽しめました。

sb00SN3J0855.jpg

開場は1972年。

設計はハワイのコナカントリーやマカハヴァレーなどの設計をしているウィリアム・F・ベル(ウィリアム親子の息子のほう)が担当。

ティーはブラック、シルバー、カッパーとあり、シルバーがレギュラーティー扱いなのでこの日は身の丈に合わせてシルバーティーから。

 

コースレートはブラックで74.7(スロープ 136)

シルバーで72.2(スロープ 131)とほっと一息つける感じ。

 

1番ホール 505ヤード パー5

真っすぐなパー5。左は道路でOB。

sb01aSN3J0856.JPG

sb01bSN3J0858.JPG

sb01cSN3J0859.JPG

 

2番ホール 429ヤード パー4

距離の長い真っすぐなパー4。バックティーからだと471ヤードもあるパー4でした。

sb02aSN3J0860.JPG

sb02bSN3J0861.JPG

コースの途中は窪地になっていました。

sb02cSN3J0862.JPG

 

3番ホール 395ヤード パー4

真っすぐなパー4

sb03aSN3J0863.JPG 

sb03bSN3J0864.JPG

 

4番ホール 205ヤード パー3

距離の長いパー3。バックティーからだと232ヤードありました。

sb04SN3J0865.JPG

 

5番ホール 491ヤード パー5

二打目から打ち上げになっているパー5

sb05aSN3J0866.JPG

sb05bSN3J0867.JPG

sb05cSN3J0869.JPG

旗の右に海の上にある物体は石油採掘基地のようです。

 

6番ホール 171ヤード パー3

左が太平洋のパー3

sb06SN3J0871.JPG

 

7番ホール 364ヤード パー4

打ちおろしの左ドッグレッグのパー4

sb07aSN3J0873.JPG

sb07bSN3J0874.JPG

 

8番ホール 366ヤード パー4

真っすぐなパー4

sb08aSN3J0875.JPG

sb08bSN3J0876.JPG

 

9番ホール 398ヤード パー4

真っすぐなパー4。左はドライビングレンジなので曲げると危険。

sb09aSN3J0877.JPG

sb09bSN3J0878.JPG

sb09cSN3J0879.JPG

 

 

フロントナインのやや単調なレイアウトから激変するバックナインのサンドパイパーです。

10番ホール 354ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。左のほうにはグリーンが見えていまてフェアウェイは左に傾いています。

sb10aSN3J0880.JPG

突然、現れるこのレイアウトに後半、期待が膨らみます。

sb10bSN3J0881.JPG

ドッグレッグ地点の右のバンカー上から見た風景

sb10cSN3J0882.JPG

sb10dSN3J0883.JPG

 

11番ホール 174ヤード パー3

太平洋に向かってグリーンを狙う打ちおろしのパー3

sb11SN3J0884.JPG

sb12aSN3J0886.JPG

次のホールに移動するときの風景

 

12番ホール 314ヤード パー4

打ち上げで右ドッグレッグのパー4 

sb12bSN3J0887.JPG

sb12cSN3J0888.JPG

コースを振り返った風景。こんな感じで打ち上げになっていました。

sb12dSN3J0889.JPG

 

13番ホール 516ヤード パー5

崖越えのパー5

sb13aSN3J0890.JPG

スライスすると太平洋への藻屑に。

sb13bSN3J0892.jpg

太平洋に向かって素振り。

sb13cSN3J0893.JPG

三打目はこのアングルで再び崖越えになります。残り150ヤード。

sb13dSN3J0894.JPG

グリーン奥からグリーンを見た風景。リスがのんびりとひなたぼっこ。

sb13eSN3J0895.JPG

 

14番ホール 425ヤード パー4

右に太平洋が続く距離のあるパー4。バックティーからは444ヤードありました。

sb14aSN3J0897.JPG

sb14bSN3J0898.JPG

sb14cSN3J0899.JPG

 

15番ホール 580ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

sb15aSN3J0900.JPG

sb15bSN3J0901.JPG

 

16番ホール 373ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

sb16aSN3J0902.JPG

sb16bSN3J0903.JPG

 

17番ホール 367ヤード パー4

真っすぐなパー4

sb17aSN3J0904.JPG

sb17bSN3J0905.JPG
右側を見ると13番ホールと太平洋が見えます。

sb17cSN3J0906.JPG

sb17dSN3J0908.JPG

 

18番ホール 170ヤード パー3

池越えのパー3

sb18aSN3J0909.JPG

池の中ほどに見える島はカッパーティーのティーグラウンド。

後ろを振り向くと12番ホールが見えます。

sb18bSN3J0913.JPG

こちらはバックティー。距離は174ヤードとレギュラーティーと4ヤードしか違いませんがアングルが変わるのでプレッシャーが増えています。

sb18cSN3J0914.JPG

sb18dSN3J0915.JPG

サンドパイパー、特にバックナインの太平洋沿いのホールが特徴的で楽しめました。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 夢のペブルビーチへ | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください