技の豊岡、力の笹井

[武蔵カントリークラブ笹井コース ]

先日、武蔵カントリークラブ豊岡コースをラウンドしてきたばかりですが、それに続き、笹井コースのラウンドもお誘いいただいたのでラウンドしてきました。

笹井コースは豊岡コースと同じく設計は井上誠一氏。

ただし基本設計が井上氏が担当して詳細設計は井上氏の弟弟子の和泉一介氏が担当。

和泉氏は施行管理も担当。

豊岡コースはバンカーと砲台グリーンが特徴の難コースだったのに対して笹井コースは豊岡コースより距離が長く、バンカーが少なく砲台グリーンは少ない対照的なコースでした。

クラブハウスも豊岡コースが斬新なガラス張りの平屋の洋風スタイルで笹井コースが檜の丸太を使った和風のクラブハウスとこちらも対照的。

2つの個性のあるコースがある武蔵CCは、やはり魅力のあるコース。

 

笹井コースはフラットな地形に造られていて同じフラットな豊岡コースより、やや単調な印象があり、それを解消するために2012年にコース改造とクラブハウス新築を計画していたようですが震災の影響でコース改造はしばらく凍結に。

(クラブハウス新築は計画通りに2012年に行われる予定)

コース改造は実は設計図までは完成しているようで担当したのはジム・ファジオ氏。

1グリーン化と距離の延長を行う予定だったらしい。

ジム・ファジオ氏はオアフ島のタートルベイ・リゾート・ファジオコースを設計したジョージ・ファジオ氏の甥で、弟にはトム・ファジオ氏がいます。

トム・ファジオ氏設計で私がラウンドしたことがあるコースはカリフォルニアのペリカンヒルゴルフクラブがありますが、バンカーの配置、バンカーの淵のラインの造形などが素晴らしく私のお気に入りの設計家の一人でもあります。

その兄が井上誠一氏が設計したコースをリデザインする。

計画は凍結されましたがとても興味があります。改造前にラウンドできたのでラッキーでした。コース改造されたらまたラウンドしにきたいと思います。

ジム・ファジオ氏が日本国内で設計したコースはオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)、造成中で11ホールだけ部分開場している花葉カントリークラブ(千葉県)があります。

 

名門コース改造を海外の設計家に依頼するケースでは、最近では東京ゴルフ倶楽部のギル・ハンス氏、井上誠一氏設計のコースでは茨木カンツリー倶楽部西コースのリース・ジョーンズ氏がありますが、どちらも改造前には賛否両論あったようですが、改造後は実行してよかったと高評価を得ているので、笹井コースも楽しみです。 

そんな武蔵カントリークラブ笹井コースでのラウンド。

 

笹井コースはAグリーン、Bグリーンの2グリーン制。この日はAグリーン。Aグリーンのほうが距離があります。

ティーはバックティー(ブラック)、レギュラーティー(ブルー)、フロントティー(ホワイト)、レディースティー(レッド)とあり、せっかくなのでということでバックティーからラウンド。

 

1番ホール 513ヤード パー5

左がOBのパー5

Aグリーンは左。

 

2番ホール 430ヤード パー4

左OBが続くパー4

Aグリーンは右。

 

3番ホール 167ヤード パー3

距離の短いパー3

Aグリーンは右。

 

4番ホール 358ヤード パー4

距離の短いパー4

Aグリーンは左。

 

5番ホール 454ヤード パー4

距離の長いパー4

 

6番ホール 431ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

Aグリーンは左。

 

7番ホール 426ヤード パー4

ティーグラウンドの先に池があるパー4

 

8番ホール 524ヤード パー5

左にバンカーがあるパー5

Aグリーンは右。

 

9番ホール 217ヤード パー3

Aグリーンは左。2つのグリーンの間にはバンカーがあるパー3

o09SN3O0528.jpg

 

10番ホール 429ヤード パー4

真っ直ぐでグリーンまで右がOBのパー4

 

11番ホール 553ヤード パー5

左サイドに長いバンカーがあるパー5

Aグリーンは右グリーン。

 

12番ホール 413ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

Aグリーンは右。

 

13番ホール 240ヤード パー3

距離のあるパー3

Aグリーンは左。

 

14番ホール 498ヤード パー5

距離の短いパー5

本来は右に高く見える松の木の横に三本、斜めにコース側にのびている木が生えていてフェアウェイが狭くみえるコースだったようですが、今年の秋に直撃した台風のために折れてしまったようです。

それ以来、コースが広くなり簡単になったのだとか。

Aグリーンは左。

 

15番ホール 350ヤード パー4

距離の短くA,Bグリーンが池を中央に2つに分かれているパー4

Aグリーンは右。中央に見える木の先には池があり、左のBグリーンを右のAグリーンの間にあります。

Aグリーンから振り返った風景。

 

16番ホール 170ヤード パー3

池越えのパー3

Aグリーンは右。ジム・ファジオの改造プランではAグリーンが廃止されて次の17番のティーグラウンドになり、Bグリーンが残されてティーを後ろに移動させるようです。

 

17番ホール 434ヤード パー4

やや左にドッグレッグしているパー4

Aグリーンは左グリーン。

 

18番ホール 445ヤード パー4

距離の長いパー4

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

8 Comments

  1. ほえーーーーーーーーっ!(@@;)
    そんな方と一緒に回ったんですか~?
    すげーーーーーーーーっ!
    「私より飛んでないなんてダメよ(笑)」なんて、めっちゃ言いそう~。www
    アドバイスまでもらっちゃって、すんごい貴重な経験でしたね。
    うらましい限りです。(^^;;

  2. ているずさん
    本当に感激のラウンドでしたicon:face_smile
    フェイスブックには、私の友達限定で2ショット写真をアップしていますicon:note

  3. おそらく前回のキングでスターターや競技説明していた方の奥様だと思われますが、素晴らしい経験をされ良かったですね。
    笹井も豊岡も9番がショートホールで終わるのが個人的には気に入っています。
    バーディーは素晴らしい!
    私も以前、宮本勝昌プロの目の前でバーディーを入れたのが凄くうれしかったですicon:face_smile

  4. クリクリさん
    正解icon:face_smile
    私のバーディーは距離のあるチップインバーディーだったのでまぐれですが、クリクリさんのバーディーは素晴らしいicon:sparkling

  5. 私の娘も…2年前にレッスン受けて…2ショットの写真を撮って貰いましたicon:face_smile
    アドバイスを受られたようですので…次回の対戦が楽しみですicon:face_shishishi

  6. シングルパパさん
    アドバイスいただいても、そんなに変わってないと思いますicon:face_self-conscious_smile
    6勝差あると思うので手加減お願いしますicon:face_mischievous

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください