北海道限定のインスタントの「やきそば弁当」

釧路・札幌・羽幌・洞爺湖ゴルフ旅から無事に帰宅。

酔っぱらうと帰り道に必ずコンビニに立ち寄ってジュースやらカップ麺やらいろいろと購入してしまいます。
3日前の札幌の夜、バーでご機嫌になり、ホテルに戻る前にコンビニでいろいろ購入したものの一つがこれ。

北海道限定の「やきそば弁当」

今年で40周年なんですね。かなり昔から北海道で親しまれています。

販売元の東洋水産はもともと、魚介類の製造加工を北海道で展開していてその加工したものを輸送するための物流ルートが古くからあり、そのルートを使って東洋水産のインスタント食品を流通させていたので、昔から北海道のインスタント麺といえば東洋水産のマルちゃんブランドがメジャーらしい。

IMG_5819

そして、やきそば弁当の一番の特徴は、中華スープの粉末が付属していて、捨てるお湯を注いでスープを作ります。

IMG_5820
焼きそば弁当の完成

IMG_5821

なぜ、「やきそば弁当」いうネーミングなのかという疑問が湧きますが、東洋水産のホームページに答えがのってました。

Q.やきそば弁当(北海道地区限定商品)の名前の由来を教えてください。

A.四角いカップ容器の形状が弁当箱に似ていることから、「やきそば弁当」としました。

ということらしいです。

 

これにて4泊5日の釧路・札幌・羽幌・洞爺湖ゴルフ旅は終了です。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください