薩摩六白黒豚と幻の甘えびと呼ばれている「たかえび」

[青葉 ]

ホテルにチェックインして、夕食を食べに指宿駅前までタクシーで移動。

黒豚料理を食べに青葉というお店に。

まずは、「きびなごの刺身」(650円)

SN3J0416.JPG

新鮮でしたが、少し魚臭さを感じました。きびなごは足がはやいので地元でも鮮度を保つのは難しいみたいです。

 

続いて「たかえびの刺身」(480円)

SN3J0418.JPG薩摩甘海老と呼ばれている海老で甘えびのような甘さと、ボタン海老のようなプリプリした食感で最高。

 

海の松茸と言われているながらめを使用した「ながらめバター焼き」(880円)

SN3J0417.JPG

とこぶしのことをながらめと呼ぶようです。噛めば噛むほど、うま味が出てきます。

 

そしていよいよ、黒豚料理!

ここ青葉の黒豚料理は、指宿池田市の谷門牧場で飼育されている薩摩六白黒豚を使用しているそうです。

薩摩六白黒豚は、通常より2カ月長い8ヶ月の飼育期間を費やして、餌にサツマイモを与えているために脂肪の質が向上して、甘味があるよい脂身になっているのが特徴のようです。

ワクワク。。

「黒豚の角煮」(680円)

SN3J0419.JPG

「黒豚ロースの唐揚げ」(850円)

SN3J0420.JPG

サクサクで美味。

 

「黒豚のメンチカツ」(480円)

SN3J0421.JPG

こちらもサクサク。

 

「黒豚一口カツ」(980円) 

SN3J0423.JPG

ヒレ肉を使用しています。脂が美味い。

 

そして、いよいよメインの「さつま六白黒豚のしゃぶしゃぶ」(一人前1700円) 写真は二人前

SN3J0424.JPG

青葉では、しゃぶしゃぶをポン酢やゴマだれではなくて、そばつゆとゆず胡椒で食べます。

肉に自信がある証拠ですね。

SN3J0425.JPGほんとに脂身が甘くて、美味い。

お腹いっぱいになりました。満足、満足。

——————————————————————–

青葉 

TEL 0993-22-3356

 住所 鹿児島県指宿市湊1-2-11

 営業時間 昼 11:00~15:00 夜 17:30~22:00  水曜日休み

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください