ジャック・ニクラス設計のベスト18ホール

[Bear's Best Atlanta/ベアーズ・ベスト・アトランタ ]

今回の旅の第三ラウンドはベアーズ・ベスト・アトランタ。

ベアーズのベアーはゴールデンベアことジャック・ニクラス。

ニクラス氏が世界中で設計した300コース以上の中からベストの18ホールを選んで再現したコース。

開場は2002年。

同じコンセプトでラスベガスにも、ベアーズ・ベスト・ラスベガス(2001年開場)というコースがあるのでその第二弾のコース。

ティーはゴールドティー(7074ヤード)、ニクラスティー(6739ヤード)、ブルーティー(6558ヤード)、ホワイトティー(5951ヤード)、イエローティー(5843ヤード)、レッドティーとありゴールドティーからティーオフ。

 

1番ホール 439ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

オリジナルはイングランドのセントメリオンホテルゴルフ&カントリークラブ(St. Mellion Hotel Golf & Country Club)の10番ホール

グリーン右手前にはウエストバンカーが配置されています。

 

2番ホール 358ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

オリジナルはカリフォルニア州のシャーウッドカントリークラブ(Sherwood Country Club)の10番ホール

 

3番ホール 167ヤード パー3

乾いたクリーク越えのパー3

オリジナルはテネシー州のスプリングクリークランチ(Spring Creek Ranch)の13番ホール

左右にはバンカーががっちりとガードしています。

 

4番ホール 364ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

オリジナルはモンタナ州のオールドワークスゴルフコース(Old Works Golf Course)の2番ホール

黒いバンカーが印象的です。

 

5番ホール 428ヤード パー4

ストレートでグリーンがやや左に配置されているパー4

オリジナルはニューヨーク州のザ・ゴルフクラブ・オブ・パーチェス(The Golf Club of Purchase)の5番ホール

セカンドはクリーク越え。

 

 

6番ホール 169ヤード パー3

池越えのパー3

オリジナルはオハイオ州のミュアフィールドビレッジゴルフクラブ(Muirfield Village Golf Club)の12番ホール

 

7番ホール 586ヤード パー5

ストレートな距離のあるパー5

オリジナルはアラバマ州のショールクリークカントリークラブ(Shoal Creek Country Club)の3番ホール

 

8番ホール 422ヤード パー4

ストレートでセカンドがウォーターハザード越えのパー4

オリジナルはペンシルバニア州のザ・クラブ・アット・ネヴィルウッド(The Club at Nevillewood)の9番ホール

 

9番ホール 572ヤード パー5

ストレートでティーショットがクリーク越えのパー5

オリジナルはミシガン州のTPC・オブ・ミシガン(TPC of Michigan)の7番ホール

 

10番ホール 362ヤード パー4

距離の短いストレートなパー4

オリジナルはアイルランドのマウントジュリエット(Mount Juliet)の15番ホール

グリーン手前にはバンカー群が配置されています。

 

11番ホール 198ヤード パー3

池越えのパー3

オリジナルはフロリダ州のPGCナショナル・チャンピオンシップコース(PGA National Championship Course)の15番ホール

 

12番ホール 536ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

オリジナルはスコットランドのグレンイーグルス・PGCセンテナリーコース(Gleneagles PGA Centenary Course)の18番ホール

 

13番ホール 442ヤード パー4

距離のある左ドッグレッグのパー4

オリジナルはオハイオ州のミュアフィールドビレッジゴルフクラブ(Muirfield Village Golf Club)の3番ホール

ティーショットがナイスショットでも距離のある谷越えのセカンドショットが残る難しいホール。   

グリーンの周囲に4つのバンカーがガードしています。

グリーンから振り返った風景。

 

14番ホール 574ヤード パー5

距離のある左ドッグレッグのパー5

オリジナルはノースカロライナ州のガバナーズ・クラブ・フットヒルズコース(Governors Club Foothills Course)の8番

左はOBが続きます。

 

15番ホール 375ヤード パー4

ストレートなパー4

オリジナルはシャーウッドカントリークラブ(Sherwood Country Club)の1番ホール

 

16番ホール 190ヤード パー3

打ち下ろしのパー3

オリジナルはノースカロラナイ州のエルクリバークラブ(Elk River Club)の7番ホール

 

17番ホール 439ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

オリジナルはスコットランドのグレンイーグルス・PGAセンテナリーコース(Gleneagles PGA Centenary Course)の3番ホール

 

18番ホール 484ヤード パー4

距離のあるストレートなパー4

オリジナルはコロラド州のキャッスルパインズゴルフクラブ(Castle Pines Golf Club)の18番ホール

18bIMG_8728.jpg

コースは左に傾斜していて左側には11個ものバンカーが配置されています。

 

ジャック・ニクラス氏が造った世界中の傑作ホールをダイジェスト的に楽しめるアメリカらしいゴルフコースでした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. マスターズ観戦とアメリカ東海岸・中西部ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください