トム・ドークの最高傑作

[パシフィックデューンズ ]

バンドンデューンズゴルフリゾートに到着。

バンドンデューンズの第一ラウンドはパシフィックデューンズから。

その前に簡単にこのゴルフリゾートについて紹介しておきます。

このバンドンデューンズゴルフリゾートは、再生紙のグリーティングカードの事業で財を成したマイク・カイザーがオーナーとなり、オレゴン州のバンドンの海沿いの砂丘地帯を発見し、そこに自分の理想のリンクスを作りました。

まず最初に1999年にバンドンデューンズが開場。設計はデビッド・マクレイ・キッド。当時20代の若手の設計家でした。

このバンドンデューンズは世界中から大絶賛され、続いて第2コースとして造られたのが今回ラウンドしたパシフィックデューンズです。

パシフィック・デューンズは現在、最も評価の高い設計家の一人のトム・ドークが担当し、2001年に開場。

ドークがどれだけ評価が高い設計家なのかは、ゴルフマガジン社が発表している世界ゴルフ100選(2013年)の中に彼が設計した以下の5コースがランクインしていることからもわかります。

20位 パシフィックデューンズ

34位 バーンブーグルデューンズ

38位 ケープキッドナッパーズ

75位 バリーニールゴルフアンドハントクラブ

88位 オールドマクドナルド

パシフィックデューンズはトム・ドークの最高傑作と言われています。

そして、ドークは翌年の2002年にシープ・ランチというマイク・カイザー専用のプライベートコースをバンドンデューンズの北端にも設計しています。(第3コース)

続いて2005年にはビル・クーア&ベン・クレンショーのコンビが設計したパンドン・トレイルを第4コースとして開場。

そして、2010年には再び、トム・ドークが彼の右腕のシェーパー、ジム・ウルビーナとコンビを組みオールドマクドナルドを第5コースとして開場。

その他では2012年に13ホールのパー3コースのバンドンプリザーブをクーア&クレンショーが開場。

更に、2015年にはパッティングコースのパンチボウルコースがトム・ドークの設計で開場予定と年々進化をしているゴルフリゾートです。

クラブハウスに到着。

00DSC01961

友人二人はキャディ付。私は自分でラウンドしたいのでプルカートでラウンド。

最終18番ホールの風景。ハリエニシダが綺麗に咲いていて気分はスコットランドです。

00DSC01962

ティーはブラック、グリーン、ゴールド、ロイヤルブルー、オレンジとあり、グリーンからティーオフ。

 

1番ホール 304ヤード パー4

距離の短いパー4

01aDSC01963

ティーショットはフェアウェイ左がねらい目。

01bDSC01966

01cDSC01967

01eDSC01969

グリーン奥からコースを振り返った風景。

01zDSC01970

 

2番ホール 335ヤード パー4

距離の短いパー4

02aDSC01971

フェアウェイ左と真ん中にバンカーが配置されています。

02bDSC01974

02cDSC01975

グリーン奥から振り返った風景。

02zDSC01976

 

3番ホール 476ヤード パー5

海に向かって進む距離の短いパー5

03aDSC01978

03bDSC01979

03dDSC01981

03fDSC01983

03gDSC01984

グリーンの奥から海の方向(13番ホール)を見た風景。

03zzDSC01989

 

4番ホール 449ヤード パー4

右に海が続く距離のあるパー4

04aDSC01991

04cDSC01993

04dDSC01994

次の5番ホールのティーグラウンドに続く道から4番ホールのグリーンをみた風景。

04zDSC01996

 

5番ホール 181ヤード パー3

縦に長いグリーンのパー3

05DSC01998

05DSC01999

 

6番ホール 288ヤード パー4

距離の短いドライバブル(1オン可能)なパー4

06aDSC02000

06bDSC02002

06cDSC02003

06eDSC02005

 

7番ホール 436ヤード パー4

距離のあるパー4

07aDSC02007

07bDSC02008

07eDSC02011

グリーン左サイドには複数のバンカーが配置されています。右にも2個配置。

07fDSC02012

 

8番ホール 369ヤード パー4

ストレートなパー4

08aDSC02015

08eDSC02017

08gDSC02019

 

9番ホール 379ヤード パー4

アッパーグリーン、ロワーグリーンと2つのグリーンがあるパー4

09aDSC02021

この日はロワーグリーン(左)を使用。ティーショットのねらい目は左に見える丘を登る道狙い。

09bDSC02022

ロワーグリーンは正面に見えます。アッパーグリーンは写真右のバンカーの奥。

09cDSC02023

コースから振り返った風景。

09eDSC02025

こちらはロワーグリーン。使用グリーンによって次の10番の使用するティーが変わります。

09fDSC02026

ロワーグリーン奥から振り返った風景。

09gDSC02027

 

10番ホール 163ヤード パー3

9番は2つのグリーンがありましたが、今度は10番は2つのティー(アッパーティー、ロワーティー)があるパー3

こちらは低い方のロワーティーからの風景。9番でロワーグリーンを使用した場合はこちらになります。

10DSC02032

こちらはアッパーティーからの風景。9番がアッパーグリーンだった場合にはこちらになります。

10DSC02028

ロワーグリーンはグリーン左手前に小山がありグリーン面が見え辛く、創造力を働かせながらティーショットをする必要があり、アッパーグリーンのほうは打ちおろしを計算する必要があります。

10zDSC02030

ロワーグリーンから左を向いて海を見た風景。

 

11番ホール 131ヤード パー3

距離の短いパー3。グリーンは小さく、周りはハザードに囲まれています。

11DSC02035

グリーン奥から振り返った風景。

11zDSC02036

 

12番ホール 507ヤード パー5

やや左にドッグレッグしているパー5

12aDSC02037

12bDSC02039

12cDSC02041

12eDSC02044

 

グリーンからコースを振り返った風景。

12zDSC02045

 

13番ホール 390ヤード パー4

左に太平洋が続くパー4

13aDSC02046

グリーン右にはバンカーが。

13bDSC02049

グリーンは縦に長いです。

13cDSC02050

グリーン奥から海をみた風景。

13zDSC02051

グリーンからコースを振り返った風景。

13zDSC02052

 

14番ホール 128ヤード パー3

距離の短いパー3

14DSC02054

 

15番ホール 504ヤード パー5

ストレートなパー5

15aDSC02055

15cDSC02059

フェアウェイにはバンカーが横切っています。

15eDSC02061

 

16番ホール 338ヤード パー4

距離の短い左ドッグレッグのパー4

16aDSC02066

16bDSC02068

16cDSC02069

 

17番ホール 189ヤード パー3

距離のあるパー3

17DSC02071

左手前のバンカーは深いです。

17DSC02074

 

18番ホール 575ヤード パー5

フェアウェイ左に巨大なバンカーがあるパー5

18aDSC02078

18bDSC02080

18dDSC02083

18eDSC02084

18hDSC02087

18zDSC02090

私が今までラウンドした海沿いのコースで一番好きなコースはペブルビーチゴルフリンクスでしたが、このパシフィックデューンズも違う種類の感動で素晴らしく記憶に残るコースになりました。

ペブルビーチはダイナミックな感動に対して、パシフィックデューンズは全体的にジワジワとくる感動というのでしょうか。

スコットランドのリンクスはまだ未訪ですが、ますます訪問したくなったラウンドでした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. [バーンボーグル・デューンズ・ゴルフリンクス] ドークがタスマニアに造ったマスターピース | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください