ドークがタスマニアに造ったマスターピース

[バーンボーグル・デューンズ・ゴルフリンクス]

オーストラリアのタスマニア州にあるバーンボーグルデューンズをラウンドしてきました。

Barnbougle Dunesの読み方がバーンブーグルデューンズであったり、バーンボーグルデューンズであったり、まちまちですが、当サイトではバーンボーグルデューンズで統一したいと思います。

開場は2004年。設計はトム・ドークとオーストラリア人のマイケル・クレイトンの共作。

トム・ドークは現在最も評価の高い設計家の一人と言われています。

トム・ドークについてはこちらの記事をご覧ください。「トム・ドークの最高傑作

トム・ドークの最高傑作はアメリカ・オレゴン州のバンドンデューンズにあるパシフィックデューンズであると言われています。

事実、2013年の世界ゴルフ100選のランキングではパシフィックデューンズが20位に対してバーンボーグルデューンズは34位でした。

好みの問題になりますが、私はそのパシフィックデューンズよりもこのバーンボーグルデューンズのほうが気に入りました。ダイナミックな地形のコースが好きなのもあるのでパシフィックデューンズの砂丘より、こちらの砂丘ほうが変化に富み、かつ4つのパー3が全て印象的であったこともあると思います。

あまりにも気に入ったので翌日、バーンボーグルを去る前にもう一ラウンドしてから帰りました。

ティーはForrester(黒)、Boobyalla(青)、Melaleuca(白)、Marram(赤)とありForresterからティーオフ。

 

1番ホール 506m パー5

右ドッグレッグのパー5

01aDSC05709

01bDSC05710

セカンドショットのランディングポイントにはバンカーが配置されています。

01cDSC05712

01dDSC05713

 

2番ホール 381m パー4

ほぼストレートなパー4

02aDSC05715

02bDSC05716

02cDSC05717

 

3番ホール 339m パー4

右ドッグレッグのパー4

03aDSC05718

03bDSC05720

03dDSC05723

 

4番ホール 271m パー4

フェアウェイ右にインパクトのある巨大なバンカーが配置されている距離の短いパー4

04aDSC05895

ティーショットのバンカー越えが成功するとグリーンはすぐそばです。

04bDSC05896

バンカー前に刻むとセカンドは打ち上げ。

04cIMG_9179

バンカーにつかまるとかなり高低差のあるバンカーショットが待っています。

04dDSC05728

3番ホールまではじわじわと盛り上がり、4番ホールのこの巨大なバンカーでインパクトを与えて、5番では海と対面するという展開がすばらしいと思います。

04zIMG_9181

4番グリーンから5番ティーに移動する途中にある休憩小屋。

 

5番ホール 201m パー3

距離のある打ち下ろしのパー3

05aDSC05729

05bDSC05897

 

6番ホール 381m パー4

右に小山があるストレートなパー4

06aDSC05730

セカンドはやや打ち上げ。

06bDSC05733

06cDSC05734

 

7番ホール 112m パー3

Tom’s Little Devilというニックネームで呼ばれているバンカーに囲まれているパー3

07DSC05736

小山の上のグリーンが作られたような形状なのでグリーン奥は下り坂になっています。

07zIMG_9188

グリーンの横にはワラビーが。コース内のあちこちに見かけることができました。

 

8番ホール 446m パー4

距離のあるタフなパー4

08aDSC05737

前のティーから見た風景

08bDSC05898

フェアウェイは左右に二段に分かれています。左が高くて右が低い。

08cDSC05739

こちら右側のフェアウェイから見た風景。

08cDSC05900

こちらは左側のフェアウェイから見た風景。

08dDSC05742

08eDSC05745

 

9番ホール 400m パー4

ほぼストレートなパー4

09aDSC05748

09bDSC05750

 

10番ホール 409m パー4

やや左ドッグレッグのパー4

10aDSC05751

10bDSC05752

10cDSC05753

 

11番ホール 475m パー5

ほぼストレートなパー5

11aDSC05754

ティーショットのランディングエリアにバンカーが配置されています。

11bDSC05755

11cDSC05756

11dDSC05757

11eDSC05758

11fDSC05759

 

12番ホール 254m パー4

距離の短いパー4

12aDSC05760

右には巨大なバンカーが。

12bDSC05761

12cDSC05762

 

13番ホール 188m パー3

距離のあるパー3

13DSC05763

パノラマで撮影した風景。13番グリーンは右側。写真をクリックすると大きなサイズで閲覧できます。

13IMG_9073

 

14番ホール 508m パー5

右ドッグレッグのパー5

14aDSC05767

14bDSC05769

14cDSC05770

14eDSC05775

グリーン奥からコースを振り返った風景。

14zDSC05776

 

15番ホール 321m パー4

距離の短いストレートなパー4

15aDSC05778

セカンドは緩やかな打ち上げ。

15bDSC05779

15cDSC05780

 

16番ホール 153m パー3

打ち下しのパー3

16DSC05782

16DSC05783

グリーンに向かう途中にまたまたワラビーに遭遇。

16IMG_9085

ティーグラウンドから振り返った風景。川の向こう側は明日ラウンドするロストファーム。

16zDSC05784

 

17番ホール 400m パー4

右ドッグレッグのパー4

17aDSC05786

ティーグラウンドから右を見るとロストファームのシグネチャーホールの4番パー3のグリーンが見えました。

17bDSC05787

17cDSC05788

17dDSC05789

17eDSC05790

 

18番ホール 403m パー4

ほぼストレートなパー4

18aDSC05791

18bDSC05793

タスマニア島にわざわざ渡ってラウンドする価値が十分ある素晴らしいコースでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. ソウル経由でオーストラリアゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください