神戸GCの支配人が日本人のために造った関西で6番目に古い手作りのコース

[三田ゴルフクラブ]

兵庫県の三田ゴルフクラブ。

開場は1930年(昭和5年)で関西では神戸ゴルフ倶楽部、鳴尾ゴルフ倶楽部、垂水ゴルフ倶楽部、茨城カンツリー倶楽部、宝塚ゴルフ倶楽部に次いで6番目に古いクラブとして当時は有馬ゴルフ倶楽部という名前で誕生しました。

当時の神戸ゴルフ倶楽部の支配人をしていた佐藤満がゴルフの大衆化に向けて、日本人が気楽にラウンドできるコースとしてつくりました。

設計はコース設計委員会が担当したという情報が公開されています。おそらく当時の立ち上げのメンバー達が相談しながら設計したのでしょう。

もちろんこの時代のコースですから重機など使わず鍬などで作った手作りのコースです。

第二次世界大戦中は一時閉鎖になりましたが、戦後、1953年に現在の三田ゴルフクラブと名前を変えて再開し、現在に至ります。

距離は短めですが、起伏を上手く使って変化がある面白いコースでした。

ティーはレギュラーティーからティーオフ。

 

1番ホール 383ヤード パー4

有馬富士に向かってティーショットするパー4

01aDSC00979

01bDSC00980

セカンドは緩やかな下り。

01cDSC00981

 

2番ホール 186ヤード パー3

距離のある池越えで打ち上げのパー3

02DSC00982

 

3番ホール 563ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

03aDSC00983

セカンドショットの前方には窪地が。 

03cDSC00985

03dDSC00986

03eDSC00987

 

4番ホール 284ヤード パー4

距離の短い打ち上げのドライバブルパー4

04aDSC00989

セカンドも打ちあげ

04bDSC00990

 

5番ホール 317ヤード パー4

距離の短い打ち下ろしのパー4

05aDSC00991

5番ホールの左の土手の上には珍しい神仏合体の友三稲荷大明神が祭られていました。

05bDSC00992

右サイドにはサブグリーンがありました。

05cDSC00993

グリーン左手前には池が配置されています。

05dDSC00994

05eDSC00995

 

6番ホール 306ヤード パー4

距離の短いパー4

06aDSC00997

途中、窪地があります。

06bDSC00998

06cDSC01000

 

7番ホール 416ヤード パー4

距離のある打ち下ろしのパー4。

フェアウェイは右から左に急傾斜なのでティーショットはコース内に見える右の木狙い。

07aDSC01002

セカンドは打ち上げ。先ほどまで距離の短いパー4が続いていて急にタフなホールがやってきました。

07bDSC01003

07cDSC01004

 

8番ホール 159ヤード パー3

谷越えのパー3

08DSC01006

 

9番ホール 476ヤード パー5

距離の短い左ドッグレッグのパー5

09aDSC01007

09bDSC01008

09cDSC01009

グリーンから振り返った風景

09dDSC01010

 

10番ホール 317ヤード パー4

距離の短いパー4

10aDSC01011

フェアウェイは左に傾斜しています。

10bDSC01013

 

11番ホール 465ヤード パー4

距離の長いパー4

11aDSC01014

セカンドは打ち下ろしになりますが、パーオンはかなり厳しいホールです。

11bDSC01016

11cDSC01017

11dDSC01018

11eDSC01019

 

12番ホール 361ヤード パー4

コースの中央に深い窪地があるパー4

12aDSC01022

12bDSC01023

12cDSC01025

12dDSC01026

 

13番ホール 295ヤード パー4

右OBで池越えで打ち上げの距離の短いパー4

13aDSC01027

13bDSC01028

13cDSC01029

 

14番ホール 519ヤード パー5

谷越えのパー5

14aDSC01031

フェウェイはやや左に傾斜しています。

14bDSC01032

14cDSC01033

 

15番ホール 191ヤード パー3

谷越えの距離のあるパー3

15DSC01034

 

16番ホール 383ヤード パー4

コース途中に窪地があり、セカンドが打ち上げになるパー4

16aDSC01035

グリーンに向かってセカンド以降はコースが徐々に狭くなっているので方向性が重要。

16bDSC01036

左右はOBです。

16cDSC01037

 

17番ホール 476ヤード パー5

谷越えで右ドッグレッグのパー5

17aDSC01039

17bDSC01040

17cDSC01042

 

18番ホール 164ヤード パー3

左と奥のOBが近いパー3

18DSC01043

 


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください