世界遺産ルアンパバーンのメコン川沿いにあるラオスNo.1コース

[Luang Prabang Golf Club/ルアンパバーンゴルフクラブ]

ラオスの古都ルアンパバーンにあるルアンパバーンゴルフクラブ。

ラオスNo.1コースと言われています。

開場は2011年。設計はTea Hwa /テ・ファ。韓国人で以前のオーナーのようです。現在は中国企業がオーナー。

ルアンパバーンGCのホームページには、設計はSUNJIN ENGINEERING & ARCHITECTUREという韓国企業が担当したと書いてあるのでおそらく実際の設計作業はSunjin社が行い、テ・ファは意見を出していただけではないでしょうか。

Sunjinの会社のホームページには27ホールで設計したと書いてありますが27ホールあった形跡はラウンドした限りではなかったので、計画の途中で18ホールに縮小されたのかもしれません。

また現在は2年前のメコン川の大氾濫により、クラブハウスが浸水して仮の施設での営業になっていました。

ティーはホワイトティーからティーオフ。

1番ホール 442ヤード パー4

距離のあるパー4。セカンドは打ち下ろし。

2番ホール 175ヤード パー3

やや打ち下ろしの距離のあるパー3

3番ホール 530ヤード パー5

ストレートなパー4

4番ホール 346ヤード パー4

ティーショットが池越えのパー4

5番ホール 400ヤード パー4

6番ホール 494ヤード パー5

ティーショットは谷越えのパー5

7番ホール 126ヤード パー3

グリーン左手前の池があるパー3

8番ホール 477ヤード パー4

距離のあるセカンドが打ち上げのパー4

打ち上げの角度もあるのでこの距離でパー4はかなりタフなホールです。

9番ホール 341ヤード パー4

フェアウェイの真ん中にバンカーが横切っている距離の短いパー4

10番ホール 396ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

11番ホール 397ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

12番ホール 542ヤード パー5

右ドッグレッグのパー4

三打目はペナルティエリア越え

13番ホール 149ヤード パー3

打ち上げのパー3

14番ホール 323ヤード パー4

距離の短いパー4。左はペナルティエリア。

セカンドはペナルティエリア越え。

15番ホール 301ヤード パー4

距離の短い谷越えのパー4。写真左はブルーティー337ヤードの風景。ホワイトティーは写真右。

セカンドは急な打ち上げ。

16番ホール 540ヤード パー5

やや右ドッグレッグのパー5

グリーンから右を見るとメコン川が見えます。

17番ホール 160ヤード パー3

右にメコン川が見えるパー3

晴れているとメコン川がもっとわかりやすいのですが、靄のメコン川も雰囲気が良かったです。

グリーンから右を向き、メコン川を見た風景

グリーン奥から振り返った風景

17番ティーイングエリアから動画で撮影してみました。

18番ホール 349ヤード パー4

右ドッグレッグでセカンドが打ち上げのパー4

ラウンドを終えてオープンエアの仮設のレストランでビアラオ。まだ朝ですがラウンド後の一杯はたまりませんね。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください