福岡県で一番標高が高いコース

[大博多カントリークラブ]
03.日本のゴルフ場
03.日本のゴルフ場

福岡県にある大博多カントリークラブ

開場は1971年で設計は松山桂司。

日本ゴルフ振興が経営していましたが、2003年に経営破綻し、現在はPGMの経営になっています。

桧、松、杉コースと27ホールあり、ホームページでのコース紹介は、

2ベントグリーンの丘陵コース。 桧コースは距離が長く、 前半はフラットで後半はやや起伏がある。 バンカーで囲まれたグリーンは大きいがアンジュレーションがある。 松コースは距離もあり、ほぼフラット。 池も多くショートホールは池越え。 杉コースは3コース中最も距離は短いが地形の変化でカバー。

以上のように紹介されています。

コースの組み合わせは、桧→松、松→杉、杉→桧という組み合わせ。

この日は桧、松とラウンド。レギュラーからティーオフ。

2グリーン制でこの日はメイングリーンでした。

福岡県で一番標高が高いコース(標高387m)で、夏は少しだけですが涼しくラウンドできるようです。

桧1番ホール 378ヤード パー4

打ち上げのパー4

コースの真ん中に木が配置されていました。

メイングリーンは右。

 

桧2番ホール 167ヤード パー3

谷越えのパー3。メイングリーンは右奥。

 

桧3番ホール 367ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

セカンドは打ち下ろし。メイングリーンは左。

 

桧4番ホール 305ヤード パー4

距離の短い左ドッグレッグのパー4

セカンドは打ち下ろし

 

桧5番ホール 574ヤード パー5

打ち下ろしでやや右ドッグレッグのパー5

三打目は打ち上げ。メイングリーンは左。

 

桧6番ホール 396ヤード パー4

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー4

メイングリーンは右。

 

桧7番ホール 161ヤード パー3

メイングリーンは左。

 

桧8番ホール 311ヤード パー4

距離の短い打ち上げのパー4

メイングリーンは右。

 

桧9番ホール 534ヤード パー5

セカンドは打ち下ろし。メイングリーンは右側にあるのでセカンドは左狙いがベスト。

 

松1番ホール 386ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

メイングリーンは右。

 

松2番ホール 512ヤード パー5

池越えで左ドッグレッグのパー5

メイングリーンは右。

 

松3番ホール 330ヤード パー4

距離の短い左ドッグレッグのパー4

メイングリーンは左

 

松4番ホール 179ヤード パー3

池越えで打ち上げのパー3

 

松5番ホール 349ヤード パー4

ティーショットは打ち下ろしでセカンドが打ち上げのパー4

 

松6番ホール 481ヤード パー5

緩やかな打ち下ろしで距離の短いパー5

メイングリーンは左

 

松7番ホール 382ヤード パー4

ストレートで打ち上げのパー4。この日はレギュラーティーはこの位置でしたが、後ろのティーで池越えになることもあるようです。

メイングリーンは右

 

松8番ホール 378ヤード パー4

谷越えでセカンドは打ち下ろしのパー4

メイングリーンは右で池越えになります。

グリーン奥から振り返った風景

 

松9番ホール 164ヤード パー3

池越えのパー3。メイングリーンは右。

 

芝鳥 のぶあま

I’m a golf-a-holic man. ゴルフバカです。

ゴルフのためなら世界中どこでも行きます。食事とお酒も大好きな食いしん坊ゴルファー。

2021年6月現在、日本国内約600コース、海外は約300コースをラウンドしているコースマニア。現在、世界中をゴルフ旅しています。ゴルフの腕前は平均スコア90前後のアベレージゴルファー。典型的なエンジョイゴルファーです。

ゴルフバカの気まぐれブログ(芝鳥 のぶあま)をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました