« »

ランチョカナダのウエストコースを再訪

07.米国ゴルフ

[ランチョ・カナダ・ゴルフクラブ・ウエストコース ]

2011年1月15日 07:34

カリフォルニアゴルフの最終日。

この日はランチョカナダゴルフコースのイーストコースを11時過ぎにティーオフする予定。

昨年の10月にもう一方のウエストコースをラウンド中にペブルビーチから連絡があり、4番ホールをホールアウトした時点でペブルビーチに移動したのでウエストコースも最後までラウンドしてみたいと思ってました。

前回のランチョカナダウエストの記事はこちら

ぺブルビーチからの吉報はランチョカナダのティーグラウンドで

 

一方、モントレー在住のJさんも昼から所用があるのでイーストコースは一緒にラウンドできないので前の日の夕食時に早朝にゴルフ行けないかなぁと私に打診。

じゃあ、朝イチスタートでウエストコースをラウンドしちゃいましょうか。

 

ということで早朝にウエストコースをラウンド。

今回もHプロにも一緒に同伴していただきました。

ティーはHプロとJさんはブルーから、私はホワイトから。

ウエストコースはイーストコースに比べて距離がありタフと紹介されていたのですが、イーストに比べてというだけで全体的にみて距離の短いコースでした。

ブルーが6357ヤード、ホワイトが6121ヤード。アウトがパー36、インがパー35のパー71のコース。

ウエストもイーストもロバート・ディーン・パットマン氏(Robert Dean Putman)が設計。

パットマン氏はカリフォルニア州を中心にコース設計の実績があり、スペインのトップ10コースにランクインするLa Manga Club なども設計したようです。

前日、アプローチがシャンクしまくりだったのですが、今日はどうなのでしょうか?

 

1番ホール 406ヤード パー4

真っすぐなパー4

01SN3O0237.JPG

早朝なのでまだ暗いです。

ティーショットはフェアウェイキープ。3オン2パットのボギー。

 

2番ホール 424ヤード パー4

やや左にドッグレッグしているパー4

02aSN3O0238.JPG

明るくなりました。ティーショットは右のラフに。

02bSN3O0239.JPG

二打目が右の木の中に。脱出するのに数打使ってしまい5オン2パットのトリ。

 

3番ホール 167ヤード パー3

平坦なパー3

03SN3O0240.JPG

1オン2パットのパー

 

4番ホール 326ヤード パー4

右にウォーターハザードが続くパー4

04aSN3O0241.JPG

ティーショットは奥のバンカー手前のラフに。

04bSN3O0242.JPG

4オン2パットのダボ

 

5番ホール 326ヤード パー4

やや左にドッグレッグしているパー4

05aSN3O0243.JPG

ティーショットは左のラフに。

05bSN3O0244.JPG

二打目が右のラフに。アプローチが寄らずに4打目で寄せて1パットのボギー

 

6番ホール 508ヤード パー5

やや左にドッグレッグしているパー5

06aSN3O0245.JPG

ティーショットはナイスショットでフェアウェイキープ

06bSN3O0246.JPG

二打目も完璧。

06cSN3O0247.JPG

三打目もまずまずで3オン。2パットのパー。

 

7番ホール 177ヤード パー3

平坦なパー3

07SN3O0248.JPG

2オン。しかし3パットのダボ。

 

8番ホール 371ヤード パー4

コース右にバンカーが連なるパー4

08aSN3O0249.JPG

ティーショットはフェアウェイキープ。

08bSN3O0250.JPG

二打目は右のラフに。写真は二打目のボールの場所からみたグリーン。

3オン2パットのボギー

 

9番ホール 468ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

09aSN3O0251.JPG

Hプロのフィニッシュ。綺麗だなぁ~

私のティーショットは右のラフに。

09bSN3O0253.JPG

二打目はひっかけて左のラフに。三打目が目の前の木が邪魔になり木を越すだけ。

グリーンの右手前にはウォーターハザードがあります。

09cSN3O0254.JPG

四打目が乗らずに5オン2パットのダボ。

 

前半は12オーバー、48(18パット)で十分に合格点。

シャンクが一度も出ませんでした。昨日のアプローチシャンクはなんだったんでしょうか?(笑)

 

10番ホール 395ヤード パー4

右にドッグレッグしているパー4

10aSN3O0256.JPG

ティーショットは左のラフに。

10bSN3O0257.JPG

4オン2パットのダボ。

 

11番ホール 151ヤード パー3

谷越えのパー3

11SN3O0259.JPG

ティーショットは右の木の方向に。

2オン2パットのボギー

 

12番ホール 410ヤード パー4

距離のあるまっすぐなパー4

12aSN3O0260.JPG

ティーショットはスライスして右の木にあたり、二打目は木から出すだけ。

12bSN3O0261.JPG

三打目がグリーン右手前のバンカー前のラフに。

12cSN3O0263.jpg

バンカー越しのアプローチを寄せて1パットのボギー

 

13番ホール 289ヤード パー4

左に1ペナが続く距離の短いパー4

13aSN3O0262.JPG

ティーショットはフェアウェイキープ

13bSN3O0264.JPG

二打目はグリーン右手前に。3オン2パットのボギー

 

14番ホール 336ヤード パー4

左ドッグレッグで二打目が川越えのパー4

14aSN3O0265.JPG

1打目は200ヤードぐらい打ちます。狙い通りにナイスショット。左のラフ。

14bSN3O0267.JPG

二打目はこんなアングルの川越え。

二打目をすくい打ちしてしまい川を越えるも赤杭の中に。

三打目はソールせずに打ちコース内に。4オン2パットのダボ。

絶好のパーオンチャンスをミスるもんなぁ。。

 

15番ホール 366ヤード パー4

クリーク越えのパー4

15aSN3O0268.JPG

ティーショットは右のラフに。

15bSN3O0269.JPG

木がうまくハザードとして効いています。4オン2パットのダボ

 

16番ホール 139ヤード パー3

平坦なパー3

16SN3O0270.JPG

2オン2パットのボギー

 

17番ホール 494ヤード パー5

やや右にドッグレッグしているパー5

17aSN3O0271.JPG

ティーショットはチョロ。。手前のラフに。二打目のラフからのショットもラフに食われてちょこっとだけ前進。。

三打目でフェアウェイに。四打目がトップ。。

17bSN3O0272.JPG

5打目がまずまず。

17cSN3O0273.JPG

ようやく六打目でグリーン手前の花道に。7打目で寄せて1パットのトリ。

一打目、二打目が余計でした。。。

 

18番ホール 347ヤード パー4

左ドッグレッグで二打目が打ち上げのパー4

18aSN3O0274.JPG

ティーショットは左に引っ掛けて左のラフに。二打目は木が邪魔になるのでコース内に戻すだけ。

18bSN3O0275.JPG

3オン。しかし簡単なショートパットを外してしまい3パットのダボ。

後半は15オーバー、パー35なので50(17パット)

トータルは98(35パット)

100切りできたら満足なゴルファーなので、パー71のコースなのでギリギリ合格か。

しかし、相変わらずアプローチとパットだけでゴルフしてるなぁ。

次はJさんと別れて、Aさん親子と合流してイーストコースです。


Comments

comments

“ランチョカナダのウエストコースを再訪” への3件のフィードバック

  1. こんにちは。
    割と平坦なコースにみえますけど、
    ・・・なんですか、ここの2番と12番の写真?!
    木でせばめ過ぎじゃない?
    350-360yのホールなら分からないでもないですけど、白ティーでも424y、410yの長いホールであんなに狭くされたら堪りませんねぇ!
    シャンクは、もしかしたら根を含む芝の特性で出た面もあるかも知れませんね。
    いずれにしても翌日すぐ治るって言うのは、素晴らしい長所だと思います。(^^)

  2. harry より:

    やきそばパンZさん
    平坦なコースなのですがその分、木で狭くしていて難度を高めていた感じです。
    シャンクはバンカーでも発生していたので芝とは関係なく、アプローチのスイングがおかしくなっていたのかなぁと思います。
    一緒にラウンドしていたプロにアドバイスを求めるとアプローチで力みすぎているのかもとおっしゃってました。
    その日はアドバイス聞いても治りませんが寝たら治りましたicon:face_embarrassed
    長所というか日替わりスイングというか。。icon:face_self-conscious_smile

  3. […] ランチョカナダのウエストコースを再訪   前回の訪問時に4ホールだけプレイしてペブルビーチに移動したので今回は最後までラウンド 西へ東へ   昼からはイーストコースをラウ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »