千葉の高級パブリックコース

[泉カントリー倶楽部 ]

 4月に千葉県の泉カントリー倶楽部をラウンドしました。

その時の記事が未アップだったのですが先日、再びラウンドする機会があったのでそのときのラウンドを記事にします。

泉カントリー倶楽部は27ホールあり、開場当時は18ホールでスタートして後にいずみコースという9ホール追加されました。

現在はEAST、WEST、SOUTU(旧いずみコース)というコース名に変更されています。

設計は住友不動産が担当し、昭和54年に住友グループの高級メンバーコースとしてオープンしましたが、その後、預託金を全額返還しパブリックコースとして形態を変えて運営されています。

元々、高級なメンバーコースだったこともあり、パブリック化後もメンテナンスもサービスもそこそこよくて人気のコースのようでした。

接待コースで、フラットな設計のために比較的いいスコアが出やすいのですが、レイアウトはバリエーション豊富で飽きることなく楽しんでラウンドすることができました。

今回はWEST=>SOUTHとラウンドしてきました。前回はSOUTH=>EASTとラウンドしたので記事の最後にEASTコースの写真も掲載しておきます。

ティーはレギュラーティーから。グリーンは2グリーン制でした。

 

WEST1番ホール 539ヤード パー5

右OBのパー5

写真はセカンド地点。ティーショットはフェアウェイキープ。

二打目はトップ気味にフェアウェイに。

三打目はグリーン手前に。4オン。ボギーパットをひっかけてしまい3パットのダボ。

 

WEST2番ホール 152ヤード パー3

ガードバンカーに囲まれているパー3

ティーショットはナイスショットでバーディーチャンス。これを外してパー。

コンペだったのでニアピンゲット。

 

WEST3番ホール 403ヤード パー4

左にドッグレッグしている距離のあるパー4

写真はセカンド地点。ティーショットはスライス気味に高いボールで距離が出ず、フェアウェイに。

二打目はナイスショット。グリーン左手前には池があります。

3オン。しかしまたまた3パット。ここ数ラウンド、パットが不調です。

感覚でパッティングしているので感覚がずれると叩いてしまうので、きちんとまっすぐストロークする練習をしたほうがいいかも。

 

WEST4番ホール 402ヤード パー4

右がOB、左が池が続くパー4

写真はセカンド地点。

ティーショットはフェアウェイキープ。

二打目はグリーン手前40ヤードに。アプローチがショートしてグリーン手前に。

パターで寄せて1パットのボギー。

 

WEST5番ホール 346ヤード パー4

左に池が続き、その池がグリーン手前でクリークになり横切っているパー4

ティーショットはフェアウェイキープ。

二打目がトップ。クリークか?と思ったらギリギリセーフ。

3オン2パットのボギー。

 

WEST6番ホール 175ヤード パー3

池越えのパー3、1オン成功。2パットのパー。

 

WEST7番ホール 361ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

写真はセカンド地点。

ティーショットは左のラフに。

二打目はまずまずだったのですがグリーン左手前のバンカーに。3オン2パットのボギー。

 

WEST8番ホール 346ヤード パー4

フェアウェイが途中の林で二つにセパレートしているパー4

ティーショットはスライスしてしまい右の林に。

二打目は出すだけ。3オン2パットのボギー。

ここまで、ラッキーもありつつ、何とかボギーペースで8オーバー。このままボギーペースで終わりたかったのですが前半の最後でやってしまいました。

 

WEST9番ホール 518ヤード パー5

打ちおろしのパー5

ティーショットはひっかけてしまい左のコース外に。隣のホールとの間の木の根っこに。

二打目は出すだけ。三打目はミスショットをして前方のバンカーに。

四打目はグリーン手前に。五打目のショットがミスしてグリーン手前のバンカーに。

バンカーショットをホームランして奥のラフに。7打目のアプローチをチャックリ。8オン。

何とか1パットで沈めて9点。

ここだけで4オーバー。。

前半は12オーバーで48(18パット)

ミスの連続でした。

後半はSOUTHコースです。(SOUTHコースの写真は4月にラウンドしたときの写真です)

 

SOUTH1番ホール 335ヤード パー4

距離の短いパー4

 

ティーショットは左のラフに。

2オン成功。バーディーチャンス。僅かに外してパー。

 

SOUTH2番ホール 178ヤード パー3

距離のあるパー3。この日のグリーンは右。

ピンまでは190ヤードぐらい。この日のクラブセットはサブクラブ。この距離を自信を持って打てるクラブがないので安全に4番アイアン(私の飛距離が170ヤード)で刻んでショットするか、使いこなせない19度のユーティリティーで打つか迷ったのですが、1番のパーで気分がよかったので1オンを狙うつもりでユーティリティーでティーショット。

しかし、そんなにうまくいくわけがなくスライスして右の林の中に。セーフですが二打目でグリーンを狙えず3オン。2パットのダボ。

欲を出したのが失敗でした。

 

SOUTH3番ホール 353ヤード パー4

右にバンカー群があるパー4

ティーショットは右のバンカー手前のラフに。

二打目がトップしてバンカー方向にゴロ。何とかバンカーからは出るもまだ110ヤードぐらい残ってます。

3オン2パットのボギー。

 

SOUTH4番ホール 499ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

ティーショットは右バンカー横のフェアウェイに。

グリーン手前にはクリークが横切っていて、その手間には深いバンカーが横切っています。

二打目はバンカー左のフェアウェイに。

三打目はグリーン右手前に。

4オン2パットのボギー。

 

SOUTH5番ホール 165ヤード パー3

砲台グリーンのパー3。この日のグリーンは左。

ティーショットはグリーン右手前の花道に。2オン2パットのボギー。

 

SOUTH6番ホール 295ヤード パー4

距離の短いパー4。左は池が続きます。

 

ティーショットは右のバンカーに。

二打目もグリーン手前のバンカーに。3オン。ファーストパットをトンチンカンなパットで大オーバー。

うーん。3パットしてしまいダボ。

 

SOUTH7番ホール 388ヤード パー4

打ち上げのパー4

左は池があります。ティーショットはフェアウェイキープ。

二打目がミスしてトップ。三打目も乗らず4オン。2パットのダボ。

 

SOUTH8番ホール 578ヤード パー5

距離があり、途中から左に池があるパー5

ティーショットは右のラフに。

二打目がひっかけてしまい左の池方向に。何とかセーフ。

三打目はフェアウェイに。

四打目がグリーンカラーに。パターで寄せて1パットのボギー。

 

SOUTH9番ホール 437ヤード パー4

距離のあるパー4

ティーショットは右のラフに。

二打目は左のラフに。3オン。3パットしてしまいダボで終了。

後半もミスが多くて48(19パット)

トータルは96(37パット)

なんとか100切りはできましたがミスが多すぎたラウンドでした。

 

続いて、4月にラウンドしたときのEASTコースの写真をアップします。 

EAST1番ホール 452ヤード パー5

まっすぐなパー5

 

EAST2番ホール 410ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

二打目は打ち上げになります。

 

EAST3番ホール 188ヤード パー3

距離のあるパー3

 

EAST4番ホール 371ヤード パー4

まっすぐなパー4

セカンドショットは左足下がりになります。

 

EAST5番ホール 356ヤード パー4

池越えの右ドッグレッグのパー4

 

EAST6番ホール 175ヤード パー3

池越えのパー3

 

EAST7番ホール 361ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4。左には池があります。

 

EAST8番ホール 346ヤード パー4

まっすぐなパー4

 

EAST9番ホール 518ヤード パー5

コース途中に池が横切っているパー5

池は左に深くなっているの二打目がフックすると池ポチャになります。

以上がEASTコース。

 

泉カントリーは接待コースなのでいいスコアがでやすいところもありますが、きちんと考えてショットする必要もあるバランスのよいコースだと思います。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください