伝説の海越えの3番ホール

[Maunakea Golf Course/マウナケアゴルフコース ]

ハプナゴルフコースをラウンド後、同じプリンスホテルが経営している隣のマウナケアゴルフコースに移動。

マウナケアゴルフコースは、ローレンス・ロックフェラーがロバート・トレント・ジョーンズ・シニアに設計を依頼。

開場は1964年。

ロバート・トレント・ジョーンズ・シニアは、あのロバート・トレント・ジョーンズJr.の父親ですが、日本ではグランディ那須白河ゴルフクラブを設計した以外には軽井沢72ゴルフを親子で設計したのみで日本では知名度はあるものの、実際に接することが少ない設計家です。

そんなマウナケアゴルフコースですが、リゾート全体が2006年に地震のために一時閉鎖されて改装が行われて2009年にリニューアルオープンをしたばかり。

その際にコースのリデザインをリース・ジョーンズが担当しました。

 

「リース・ジョーンズって誰?」って思う方もいると思います。

海外では有名なコース設計家でロバート・トレント・ジョーンズJr.の弟で、おもに北米を中心に100コース以上設計しているので北米では有名なのですが日本では設計したコースがないのであまり知られていないようです。

兄弟で市場をわけたのでしょうか?

リースはコース設計だけでなく、コースのリデザインでも活躍していて、全米オープン開催のコースのトーリーパインズ、べスページ、バルタスロール、ヘーゼルタインなどのリデザインも担当して「Open Doctor」というニックネームもつけられているようです。

そんな父親のDNAを受け継いだリースがリデザインを担当したマウナケアゴルフコース。

伝説の海越えの3番ホールも有名でワクワクします。

 

プロショップで料金を聞くと、カマアイナ料金(ハワイ州居住者向け料金)の設定なしとのこと。

ティーオフの時間が11時を過ぎているのでディスカウントで180ドルでラウンドできるのですが、先ほどのハプナはカマアイナ料金の設定があり、80ドルでラウンドできた(私はハワイの運転免許証を所有しているのでカマアイナ料金の適用を受けられます)ことを考えると2ラウンドしてお釣りがもらえます。朝の早い時間にティーオフするなら250ドルぐらいするのではないでしょうか。

そんなに価値が違うの?って思いながらティーオフしたのですが、ラウンド後は納得。

コースメンテナンスもサービスも最高でした。

料金が高いので気軽にラウンドできるコースではないのですが、このコースコンディションを保つためにはこの費用も納得できます。

そんなマウナケアゴルフコースはオレンジ色のリゾートティー(レギュラーティー)からティーオフ。

3番ホールは私の愛読書の「THE 500 WORLD’S GREATEST GOLF HOLES」のThe One Hundredに、6番ホールはThe Five Hundredに選ばれています。

 

1番ホール 353ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

二打目は打ち上げになっています。

 

2番ホール 336ヤード パー4

打ちおろしの左ドッグレッグのパー4

さあ、いよいよ伝説のホールの3番の海越えです!

 

3番ホール 179ヤード パー3

チャンピオンシップティー(フルバック)からの風景です。272ヤードです。

チャンピオンシップティーの横には開場初日にアーノルド・パーマー、ジャック・二クラス、ゲーリー・プレイヤーのビッグ3がラウンドしたと書かれている記念プレートが設置されていました。

こちらはトーナメントティー(バックティー)からの風景。205ヤード。

そしてこちらが私が使用しているリゾートティー(レギュラーティー)からの風景。これも180ヤード先にグリーンがあるので、かなりプレッシャーを受けます。以前、ラウンドしたマウナラニサウスコースの海越えでは感じなかったプレッシャーを受けます。

 

4番ホール 357ヤード パー4

まっすぐで二打目が打ち上げになっているパー4

 

5番ホール 518ヤード パー5

ほぼまっすぐなパー5

 

6番ホール 315ヤード パー4

打ちおろしで左ドッグレッグのパー4

 

7番ホール 188ヤード パー3

まっすぐで距離のあるパー3

 

8番ホール 493ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

 

9番ホール 342ヤード パー4

打ちおろしのパー4

 

10番ホール 509ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

 

11番ホール 206ヤード パー3

海に向かって打ちおろすパー3

このグリーンの上からは右手にマウナケアビーチホテルのオーシャンフロントにあるカウナオア・ビーチが見えました。綺麗なビーチでした。

 

12番ホール 340ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

 

13番ホール 326ヤード パー4

左側にバンカーが点在しているパー4

 

14番ホール 405ヤード パー4

距離のある左ドッグレッグのパー4

 

15番ホール 171ヤード パー3

グリーンの左右はバンカーでガードされているパー3

 

16番ホール 397ヤード パー4

やや右にドッグレッグしているパー4

 

17番ホール 538ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

 

18番ホール 385ヤード パー4

打ちおろしで右ドッグレッグのパー4

素晴らしく、そしてタフなコースでした。


Comments

comments

6 Comments

  1. タイトルにつられて見に来ました。
    これは挑戦してみたいですね。
    きっと、ポッチャンってしちゃうんでしょうけど。

  2. こんにちは。
    3番ホール、すごいですねー。(笑)
    プロ向けに、海越えの272yはいいですけど、それにしてはグリーン周りにバンカーが多過ぎ、と思います。
    私はどうもトレント・ジョーンズ親子系のデザインの理不尽なところにはあまり惹かれません。(下手糞が生意気を言うようですが。(^^;)
    このホールのグリーン、かなり大きいんでしょうねー。

  3. mamomamoさん
    1オンしたら気持ちいいと思います~
    したかった~icon:face_self-conscious_smile
    ——————
    やきそばパンZさん
    3番ホール、びびってしまいますicon:face_surprised
    バンカーが多すぎる気がしますが、左サイドのバンカーは半分は救済の意味もあるのかもしれませんね。
    リース・ジョーンズ設計のコースは未経験ですが、Jrさんのデザインはちょっと意地悪な感じがしますね。
    3番のグリーンはかなり大きかったです。
    とくに縦の長さはかなりありました。

  4. おおっ ビル・ゲイツが結婚式をした所かとおもいました。
    が、調べたら違うようですね。
    日本さむさむですよん

  5. ギャボ!この3番、画像見ただけでトリハっすicon:face_shout
    ドラで撃っても海ボチャ、マメを賭けてもイイ。
    この好調なまま、後半もブッちぎっちゃってくださいっicon:body_good
    ってか、いつ帰って来るのん??

  6. ちーさん
    昨日、帰国しました。日本寒いですねicon:face_shout
    ビルゲイツ氏の結婚式を挙げたゴルフ場はラナイ島らしいですね。
    ラナイ島もいつかは行ってみたいなぁ~
    ————————–
    たま佳さん
    このホール、すごいでしょ?icon:face_self-conscious_smile
    昨日帰ってきました~

4 Trackbacks / Pingbacks

  1. クキオのクラブハウスやリセール中の別荘を見学 | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. 井上誠一×リース・ジョーンズの化学反応 | ゴルフバカの気まぐれブログ
  3. [ペブルビーチ・ゴルフリンクス ] 海と大地が造り上げたペブルビーチの美 | ゴルフバカの気まぐれブログ
  4. 絶好調ハワイゴルフ | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください