すごう食堂の黒石つゆ焼きそば

夏泊でゴルフの後は、次の日に秋田県の乳頭温泉に行く予定なので青森県を南下。

途中、黒石市で黒石焼きそばを食べることに。

黒石市は人口4万人ほどで焼きそば店が70店舗もある焼きそばの町なのです。

tsuyuSN3J0107.JPG

その数あるお店の中から選んだのはこのお店。

すごう食堂(須郷食堂)、創業大正元年の歴史あるお店。

tsuyuSN3J0104.JPG息子は、焼きそばを注文。

黒石の焼きそばは平打ちの太麺。小エビが隠し味になっていて美味。

そして私は、最近のB級グルメブームで知名度がアップしている黒石名物のつゆ焼きそばを注文。

tsuyuSN3J0105.jpgソース味の焼きそばにつゆがかかっています。

そばつゆがかかっているお店が多いようですが、聞くところによると、すごう食堂はラーメンのスープを使用してるのだとか。

このラーメンのスープが魚介類を出汁にしていて、なぜかソースと合う。

こちらも小エビが入っていていい風味を出してました。

おそらくカレー粉も少しアクセントでいれてるんじゃないかなぁ。

B級な味ですが、初めて食べるのに懐かしい味でした。

 

お腹が満たされたので宿泊先に移動。ほんとうは秋田県のほうまで行く予定だったのですが、ここから更に車を2時間以上、運転する必要があったので、予定を変更して隣の弘前市でホテルを探すことに。

連休中なのでなかなか見つかりませんでしたが、ようやく弘前東栄ホテルというビジネスホテルが空いていたのでそこに決定。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください