幸運の鳥が飛び交うシーサイドコース

[キングフィッシャーゴルフリンクス ]

サイパン初日の午前中にサイパンCCを1人でラウンド。昼から友人と合流してキングフィッシャーゴルフリンクスを三人でラウンド。

海越えのホールがあるということで楽しみです。

開場は1996年。コース設計はグラハム・マーシュ。日本のツアーでも活躍したオーストラリアのプロゴルファー。

コース名のキングフィッシャーは青翠の羽が美しいカワセミのことでコース内を飛び交っていて三羽並んでいるのを見ると幸運が訪れると言われています。

ティーはチャンピオンティー6651ヤード(ブルー)、リゾートティー6216ヤード(ピンク)、メンバーズティー5808ヤード(ホワイト)、レディースティー5291ヤード(レッド)とあり、チャンピオンティーから。

 

1番ホール 530ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

一番海から離れた高台に海に平行に配置されています。右手を見下ろすと海が見えます。

右隣りは10番ホール。

 

2番ホール 407ヤード パー4

海に向かってティーショットする真っすぐなパー4

右は11番ホールでセーフ。

二打目以降は打ちおろしになっています。

 

3番ホール 394ヤード パー4

打ちおろしの右ドッグレッグのパー4

2番ホールに続いて海に向かってショットするので気持ちいい。

 

4番ホール 464ヤード パー4

距離の長い真っすぐなパー4

このホールはとにかく長かった。

ティーグラウンドから左を見ると海が見えます。

 

5番ホール 418ヤード パー4

真っすぐで打ちおろしのパー4

右に曲げるとOB。

二打目も打ちおろしが続きます。

 

6番ホール 100ヤード パー3

距離の短いパー3

 

7番ホール 315ヤード パー4

距離の短いパー4

二打目は谷越えになり、距離が短いのでドライバーだと突き抜けてしまいます。

私はドライバーでティーショット。飛距離の出ない私が打ってもフォローの風の影響もありましたが、谷に入る直前の岩でひっかかってボールが止まっていました。ほとんどの人はアイアンで十分。

セカンドは谷越え。

 

8番ホール 173ヤード パー3

距離のあるやや打ち上げのパー3

 

9番ホール 496ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

コースは右に傾斜しています。

二打目以降はやや打ち上げ。

サイパンのコース全体にいえることですが土壌が固いのでしょうか?結構ランがでます。

 

10番ホール 442ヤード パー4

やや右ドッグレッグの距離のあるパー4

右は1ペナ。

 

11番ホール 563ヤード パー5

海に向かってショットするパー5

二打目以降は打ちおろしになっています。

 

12番ホール 184ヤード パー3

谷越えのパー3。

グリーン左にはバンカーがあります。

 

13番ホール 518ヤード パー5

真っすぐなパー5

グリーンの右手前のバンカーからグリーンを見た風景。

いよいよ次の14番から16番ホールは海沿いでキングフィッシャーのシグネチャーホールが続きます。

 

14番ホール 341ヤード パー4

二打目がウォーターハザード越えのパー4

この14番には休憩スペースがあり、そこから見る海がとても綺麗でした。

 


海の緑と岸壁の黒、そして生き生きとした植物の緑。

 

それに白い波しぶきがまぶしくて最高の景色でした。サイパンの海は本当に綺麗です。

 

グリーンは人口に造られたウォーターハザード越え。

 

14cSN3O0944.jpg

こんな感じで池が造られています。

グリーン横からみる海も豪快な波で最高に綺麗でした。

 

15番ホール 140ヤード パー3

池越えのパー3

手前は人口の池、奥は濃いブルーの海というロケーション。

グリーンから振りかえった景色。奥には先ほどの14番のグリーンが見えます。

 

16番ホール 284ヤード パー4

距離の短いパー4

ティーショットは海越え。距離がないのでプレッシャーにはなりません。

海を越えるとあとはフラット。

グリーン手前からコースを振りかえった風景。

 

17番ホール 459ヤード パー4

距離のあるパー4

コース途中から下っているので飛距離のでるプレイヤーは左にボールが転がります。

こんな感じで左に傾斜しています。

グリーン手前からコースを振り返った風景。

 

18番ホール 423ヤード パー4

池越えのパー4

このホールも飛距離の出るプレイヤーはコース途中から下っているのでランが出やすいです。

キングフィッシャーは18ホールだけでなくエキストラホールとして3ホールラウンドすることができます。

スコアカードにはR1,R2,R3と表記されているのでそのように当ブログでも表記します。

メンテナンスはおまけホールということもあり、よくありませんでした。

 

R1番ホール 387ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

グリーン左のバンカーっぽいハザードは元バンカーのようで今は芝が生えていました。

 

R2番ホール 335ヤード パー4

打ちおろしの右ドッグレッグのパー4

飛距離の出るプレイヤーは右の三本あるヤシの木越えでグリーンまで届きます。

二打目は急傾斜の打ちおろし。

 

R3番ホール 364ヤード パー4

打ち上げの右ドッグレッグのパー4

このティーグラウンドの後ろからも綺麗な海が見えます。14番ホールでみた同じ海を少し高台から見ることができます。

グリーン手前にはバンカーが口を広げていました。

キングフィッシャーGL、曲げるとロスト確実なタフなコースで、リゾート気分でのんびりとラウンドできるコースではありませんが、海のブルーがとても綺麗で印象的なコースでした。 


Comments

comments

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. [アイランドゴルフパーク酒田] グラハム・マーシュが日本で初めて設計したコース | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. サイパンゴルフと食べ歩き | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください