六甲の山並みを借景にしたゴルフコース

[北六甲カントリー倶楽部西コース ]

北六甲カントリー倶楽部 西コースをラウンドしてきました。

東コースと西コースの2コースがあり、東コースはキャディ付き、西コースはセルフ主体のコース。

どちらのコースもプロのトーナメントが開催されたことがあります。

(西コースは1989年三菱ファンタスレディス、1990年三菱電機レディスが開催)

設計は服部彰氏(東、西コースともに)

開場は昭和58年8月31日に東コースが先に開場し、その三年後の昭和61年07月12日に西コースが開場。

服部氏は稲川国際CC、雲雀丘GCを設計した好村通紘氏に日本庭園の勉強をするために師事。その流れでゴルフ場の設計を本職にするようになったようです。

服部氏がその他で設計したコースは

グランデージゴルフ倶楽部、宝塚ゴルフ倶楽部新コース、滝野カントリー倶楽部八千代コース、佐用ゴルフ倶楽部南コース、ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ、阿蘇大津ゴルフクラブなどがある。

この中で福岡のザ・クイーンズヒルゴルフクラブはラウンドしたことがありますが広々としてノビノビとラウンドできるコースですが、この北六甲の西コースも雰囲気が似たコースでした。

この日はプロと一緒にラウンドしていただきました。プロはバックティーから私はレギュラーティーから。

 

1番ホール 525ヤード パー5

ストレートの谷越えのパー5

 

2番ホール 385ヤード パー4

グリーン手前に池がある右ドッグレッグのパー4

ティーショットを右に曲げると2オンは無理になります。

02bSN3O0117.jpg

二打目は池越え。

 

3番ホール 374ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

ティーショットの落下地点から下りになっていて飛びすぎると池ポチャの可能性もあります。

ロングヒッターは左のカート道方向でちょうどよさそう。

グリーン右手間に池があります。

 

4番ホール 170ヤード パー3

2グリーンなるパー3。左右ともに距離はあまり変わらない。

この日は左グリーン。左グリーンは右に外すと打ち上げのアプローチが残る。

 

5番ホール 475ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

 

6番ホール 417ヤード パー4

打ちおろしの左ドッグレッグのパー4

二打目は池越え。

 

7番ホール 359ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

セカンドからは打ち上げになります。

 

8番ホール 152ヤード パー3

池越えのパー3

 

9番ホール 332ヤード パー4

距離の短い打ちおろしで谷越えのパー4

セカンドからは打ち上げになります。

 

10番ホール 385ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

写真は二打目地点。ティーショットは池越えになります。

 

11番ホール 373ヤード パー4

打ちおろしのパー4

セカンド以降は打ち上げになります。

 

12番ホール 518ヤード パー5

S字にドッグレッグしているパー5

最初は左に次に右にドッグレッグしています。

 

13番ホール 395ヤード パー4

ほぼ真っすぐなパー4

 

14番ホール 349ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

右に曲げると急斜面になっています。

 

15番ホール 199ヤード パー3

打ちおろしのパー3

 

16番ホール 535ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

グリーン左手前には大きな木があるのでセカンドショットも頭を使います。

 

17番ホール 170ヤード パー3

打ちおろしのパー3

この日のグリーンは右グリーン。

 

18番ホール 375ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

セカンドは緩やかな打ち上げになっています。

全体的に広々として池も効果的に配置されていて面白いコースでした。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. [ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ ] 女性を意識して造られたコース | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください