加古川名物かつめし

[三木SA ]

香川への日帰りゴルフの締めは兵庫県の三木SAで。

加古川名物のかつめしをいただきました。

IMG_3846.jpg

加古川のかつめしは1953年に加古川にあった「いろは食堂」が箸で食べられる洋食をコンセプトに考案したのが始まりだとか。
かつめしは、ご飯の上にビフカツを乗せてドミグラスソースをかけたもの。茹でたキャベツが添えられることが多いのですが、この三木SAではご飯の上にキャベツの千切りが乗っていました。
隣の岡山県では、ドミグラスソース丼(ドミカツ丼)というご当地グルメがあるが、かつめしがビフカツに対して、ドミカツ丼はトンカツらしい。機会があれば食べてみよう。
他には根室で食べたエスカロップも似ているがエスカロップは筍入りのバターライスにドミグラスソースでした。
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. [いろは食堂] 加古川名物かつめしの発祥のお店 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください