ブルゴーニュの神様とグラッパの神様

今夜はブルゴーニュの神様とグラッパの神様の2人の神様が造ったお酒をいただきます。

まずはブルゴーニュの神様、アンリ・ジャイエのニュイ・サン・ジョルジュ1998を。
村名ワインですが、中身はプルミエ・クリュのオー・ミュルジェ。

これをお手頃な価格のアンリ・ジャイエの技を引き継ぐドメーヌのメオ・カミュゼのニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・オー・ミュルジェ2010と飲み比べしていただきました。

そしてグラッパの神様、ロマーノ・レヴィのレモンバーベナ入りのグラッパ。
レモンバーベナのレモンの爽やかな香りが絶品。

アンリ・ジャイエは2006年に、ロマーノ・レヴィは2008年にそれぞれ、亡くなりました。

空の上のブルゴーニュの神様とグラッパの神様に感謝の気持ちを込めて、じきになくなって飲めなくなる素晴らしいお酒に乾杯〜

ある時のレヴィのニガヨモギのグラッパ

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください