日本一、焼き魚が美味しいと言われているお店

[福よし]

今夜の二軒目は、福よし

おまかせコース6000円をオーダー。

もうすでに、先ほどの寿司屋でビールに日本酒とスタートしていたので、最初から日本酒をいただきます。どれにしようかメニューを見ると、どうやらすべて瓶売りのようです。300mlの福宿だと足りなくなりそうだし、720mlだと多そうだしということで500mlのお店の名前がついた日本酒の福よしの純米大吟醸をオーダー。気仙沼の酒造の男山本店に造ってもらっているようです。

コワタの酢の物からスタート。さきほどの寿司屋でもコワタ(マンボウの腸)をいただきましたが、こちらの酢の物はスライスしているので貝のような食感に。厚目にカットするとホルモン。薄くスライスすると貝のような食感になるマンボウは美味しいですね。

座席は囲炉裏の前の特等席。火が付きました。福よしは、当日に予約を取った後に調べて知ったのですが、日本一の焼き魚が食べられるというお店と言われています。楽しみです。

イカのワタ焼きが出てきました。じっくりと火が通るまで待ちます。

色が白くなれば食べれます。これだけで日本酒がなくなりそうな勢いです。

お刺身。特に鰹が素晴らしかった。あとウニもワカメと一緒に食べると旨味倍増で最高でした。手前に二切れある赤い身がモウカザメの心臓の「もうかの星」

まったく臭みがなく、レバ刺しやハツ刺しを柔らかくしたような食感でした。

魚が焼きあがるのを待ちながら、日本酒をチビチビと。

この焼きあがる動画を見てください。無駄な脂が下に流れ落ちて、ギュッとしまった最高の焼き魚が完成しています。

無駄な水分、脂分が抜けていて、しっかりしまったキチジ(吉治)の焼き魚は、味が凝縮していて本当に最高でした。

キンキを宮城県のあたりではキチジと呼んでいます。

6000円のコースだったので今回はキチジが出てきたと思いますが、このカレイも見ていて美味しそうでした。次回はカレイをオーダーしてみたいと思います。

締めは、スープをもってきてもらって、キチジの骨を入れてスープにしていただきました。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください