広島風お好み焼き

[みっちゃん総本店 ]

宮島口であなごめしを食べて、広島駅前に戻ってきました。

せっかくなので広島風のお好み焼きも食べて帰りたいと思います。

IMG_2453.JPG

みっちゃん総本店。昭和25年創業。

広島のお好み焼き屋さんの元祖の1つ。

関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの違いは関西風は生地と具材を混ぜて焼く「混ぜ焼き」で、広島風は生地を薄く焼きその上に具材を乗せて焼いていく「重ね焼き」という調理方法の違いと広島焼きには麺が入っているのが特徴。

(関西では麺が入るとモダン焼きと呼ばれるようになる)

IMG_2454.JPG

写真のように薄く焼いた生地の上に、キャベツやモヤシ、豚肉を重ねて、その上に生地を少し垂らして裏返して蒸し焼きにします。

そして別に炒めた麺の上に重ねて焼き上げます。そして最後は卵を生地を焼いた時と同じように薄く広げてやいてお好み焼きを上に素早く乗せて裏返してソースを塗って完成。

牡蠣入りそば肉玉子の葱のせをオーダーしてみました。

IMG_2458.jpg

ねぎともやしのハーモニーで美味しくいただけました。

みっちゃん 総本店
住所:広島県広島市中区八丁堀6-7
電話:082-221-5438
営業時間:11:00~14:00、17:30~21:00(月~金)・11:00~14:30、17:00~21:00(土・日・祝)

http://www.okonomi.co.jp/

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください