二人のジョーンズが造ったコース

[Peach Tree Golf Club/ピーチツリーゴルフクラブ]

ジョージア州のピーチツリーゴルフクラブをラウンドしてきました。

ピーチツリーは二人のジョーンズが造り上げたコース。

第二次世界大戦が終了して大戦中、荒れてしまったオーガスタナショナルの改造を1946年にボビー・ジョーンズは当時、若手だったロバート・トレント・ジョーンズに依頼。

その改造は大成功し、ボビー・ジョーンズは、地元のアトランタに新しく造成するゴルフコースの設計をロバート・トレント・ジョーンズに依頼したことで、この素晴らしいコースが生まれました。

開場は1948年。

以前はゴルフマガジン社の世界TOP100コースにもランクインしていたコースです。現在は新設コースがランクインしてきて、ピーチツリーは全米TOP100コースにはランクインしている(2013年の時点で68位)のですが世界TOP100コースには入っていません。

韓国のナインブリッジズを一か月前にラウンドした後にこのピーチツリーをラウンドしたので感じたことなのですが、世界TOP100コースのランキングは新設コースのほうがランクインしやすい傾向があるような気がしました。いろんな判断基準、採点基準があるのでゴルフマガジン社のランキングを尊重しますが、個人的にはナインブリッジズがランクインして、このピーチツリーがランク外なのは不思議な感じがしました。

(※2019.11.27追記:2019年のゴルフマガジンの世界TOP100に91位で再びランクインしました。)

名門らしい適度に緊張感のある雰囲気でメンテナンスも最高のコースでした。
2番ホールは、The 500 World’s Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

ティーはチャンピオンシップ、ピーチツリー、メダル、メンバー、フォワードティーとあり、ピーチツリーティーからティーオフ。

1番ホール 390ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

01aDSC01809

コースは右に傾斜しています。

01bDSC01811

01cDSC01812

2番ホール 524ヤード パー5

 右ドッグレッグのパー5。このホールは私の愛読書の「THE 500 WORLD’S GREATEST GOLF HOLES」に掲載されているホールです。

02aDSC01813

上の写真はチャンピオンシップティーからの風景。下の写真は我々がラウンドしたピーチツリーティーからの風景。

02aDSC01814

フェアウェイは全体的に右に傾斜しています。

02bDSC01815

コース途中にはクリークが横切り、グリーン手前には池が。そしてグリーン右サイドにはその池からクリークが流れています。

02cDSC01817

グリーンのアンジュレーションもきつく難しいホールでした。

02dDSC01818

3番ホール 405ヤード パー4

ストレートなパー4。コースが左に傾斜しています。

03aDSC01819

ティーショットは右目に打たないとフェアウェイに残りません。

03bDSC01820

グリーン左手前には巨大なバンカーが。

03cDSC01821

4番ホール 166ヤード パー3

池越えの美しいパー3    

04DSC01822

5番ホール 532ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5   

05aDSC01823

コース全体が右に傾斜しています。

05bDSC01824

05cIMG_1450

どのホールのグリーンも難しかったですがこのホールのグリーンは強烈な受けグリーンで傾斜がすごく、ピンの上につけると触っただけの下りのパットが止まらずコース外に転げ落ちるぐらい強烈な傾斜でした。

05dIMG_1453

6番ホール 215ヤード パー3

打ちおろしで池越えの距離のあるパー3    

06DSC01825

7番ホール 434ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

07aDSC01826

07bDSC01827

07cDSC01828

8番ホール 369ヤード パー4

ほぼストレートなパー4   

08aDSC01829

セカンドショットは打ち上げ。

08cDSC01831

9番ホール 392ヤード パー4

ストレートで池越えのパー4    

09aDSC01832

セカンドショットは打ち上げ。

09bDSC01833

10番ホール 516ヤード パー5

ストレートで打ち下しのパー5    

10aDSC01835

セカンドショットはクリーク越え。写真には写っていませんが、ちょうど写真で窪んでいる最下点にクリークが流れています。

10cDSC01838

クリークを越えたところから振り返った風景。

10dDSC01839

グリーンに向かって打ち上げ。

10eDSC01840

11番ホール 220ヤード パー3

距離のあるパー3    

11DSC01844

12番ホール 455ヤード パー4

打ち下しで距離のある右ドッグレッグのパー4。

12aDSC01845

ティーグラウンドから少し前に行くとコースの形状がわかります。

12bDSC01846

コースにはクリークが横切っています。

12cDSC01847

13番ホール 418ヤード パー4

ストレートなパー4   

13aDSC01848

13cDSC01850

14番ホール 179ヤード パー3

打ちおろしで池越えのパー3    

14DSC01851

15番ホール 448ヤード パー4

ストレートで距離のあるパー4   

15aDSC01855

セカンドショットはクリーク越え。

15bDSC01856

15cDSC01857

16番ホール 528ヤード パー5

ストレートなパー5   

16aDSC01861

セカンドショットは打ちおろし。コース途中にはクリークが横切っています。

16dDSC01863

16eDSC01864

グリーンからコースを振り返った風景。

16zDSC01866

17番ホール 438ヤード パー4

ストレートなパー4

17aDSC01867

セカンドショットは打ち上げ。

17cDSC01869

18番ホール 413ヤード パー4

ストレートなパー4

18aDSC01870

セカンドショット打ち上げ。

18bDSC01872

あまり広くない敷地に巧みに詰め込まれた素敵なコース。

もう一度ラウンドしたい。そう思える素晴らしいコースでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸から西海岸へ横断ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください