マイク・カイザーがバンドンの地に最初に造ったコース

[Bandon Dunes/バンドンデューンズ ]

バンドン三日目はバンドンデューンズをラウンド。

バンドンデューンズゴルフリゾートにはプライベートコースのシープランチを入れると5コースあり、一番最初に造られたのがこのバンドンデューンズです。

開場は1999年。

オーナーは再生紙のグリーティングカード事業で財を成したマイク・カイザー。

彼はアメリカ中の海岸線を探して、理想の土地をこのバンドンに発見。そしてコースの設計に当時20代のデビッド・マクレイ・キッドを指名しました。

マイク・カイザーが無名の若手の設計家に依頼した経緯は、土地の捜索の相談をしていた相手の一人がスコットランドの名門コースのグレンイーグルスのグリーンキーパーだったジム・キッド。

そのジムの息子がデビッド・マクレイ・キッドだったのです。

デビッドは幼い頃から父の仕事を手伝い、スコットランドのゴルフコースに精通していたのでマイク・カイザーは彼に任せることを決めました。

そしてデビッドはその期待に応えて、このバンドンデューンズを世界ゴルフ100選にランクインさせました。2013年のランクでは世界63位にランキングされています。そして4番ホールは、The 500 World’s Greatest Golf HolesのThe Five Hundredに選出されています。

ティーはブラック、グリーン、ゴールド、ブルー、オレンジがあり、グリーンからティーオフ。

 

1番ホール 352ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

01aDSC02395

01bDSC02398

01cDSC02399

 

2番ホール 155ヤード パー3

やや打ち上げのパー3

02DSC02401

 

3番ホール 489ヤード パー5

太平洋に向かって進むパー5

03aDSC02402

03bDSC02404

03cDSC02406

 

4番ホール 362ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

04aDSC02408

グリーン左には深いバンカーが配置されています。

04bDSC02410

 

5番ホール 400ヤード パー4

左に太平洋が続くパー4

05aDSC02411

05bDSC02413

05cDSC02415

グリーンへの花道は狭くなっていてティーショット次第では3オン狙いがよいかもしれません。

05dDSC02418

 

6番ホール 153ヤード パー3

グリーン左に深いバンカーがあるパー3

06DSC02420

グリーン奥から振り返った風景。

06xDSC02421

グリーン奥から北側を見た風景。二日前にラウンドしたパシフィックデューンズの11番パー3が見えます。

06xDSC02422

 

7番ホール 372ヤード パー4

見た目よりフェアウェイが広いパー4

07aDSC02423

このようにティーショットのランディングエリアは左右に広がっています。

07bDSC02426

07cDSC02427

フェアウェイから左サイドを見た風景。パシフィックデューンズのコースが見えます。

07xDSC02428

 

8番ホール 342ヤード パー4

距離の短いパー4。フェアウェイには複数のバンカーが横切って配置されています。

08aDSC02430

08bDSC02433

 

9番ホール 520ヤード パー5

やや右ドッグレッグのパー5

09aDSC02434

09bDSC02437

09cDSC02439

09dDSC02440

 

10番ホール 339ヤード パー4

距離の短いパー4

10aDSC02444

セカンドはブラインドショット。

10bDSC02447

10cDSC02448

 

11番ホール 351ヤード パー4

フェアウェイにバンカーが左から右奥に4個点在しているパー4

11aDSC02450

11bDSC02453

グリーン右手前にはソッドフェイスバンカーが配置されています。

11cDSC02455

 

12番ホール 153ヤード パー3

海に向かってショットするパー3

12DSC02457

 

13番ホール 537ヤード パー5

左サイドにウォーターハザードがあるパー5

13aDSC02460

13bDSC02461

このように左にはウォーターハザードがあるので右から攻めるほうが得策。

13cDSC02463

 

14番ホール 332ヤード パー4

距離の短い右ドッグレッグのパー4。

14aDSC02464

グリーンは正面に見える小山の下に。

14bDSC02467

14cDSC02468

 

15番ホール 131ヤード パー3

グリーン右手前にはこのコースで一番深いバンカーが配置されているパー3

15DSC02469

もちろん左狙いがベスト。

15DSC02475

グリーン上から海を見た風景。

15DSC02476

 

16番ホール 345ヤード パー4

右に太平洋が続く、谷越えのパー4

16aDSC02477

谷越えの先に小山があります。

16bDSC02481

15番ホールのティーグラウンドから16番のコースを見た風景。

16cDSC02470

16dDSC02484

こちらも15番のティーグラウンドから16番グリーンを見た風景。

16zDSC02471

 

17番ホール 375ヤード パー4

やや打ち下しのパー4。グリーン右手前には谷があるのでティーショットは左サイド狙いがベスト。

17aDSC02487

ティーグラウンドから海を見た風景。

17aDSC02488

17bDSC02489

グリーン右手前には谷が。

17cDSC02491

グリーン手前から右サイドの谷を見た風景。

17dDSC02494

17eDSC02495

グリーンから振り返った風景。

17zDSC02496

 

18番ホール 513ヤード パー5

右サイドがコース外のパー5

18aDSC02497

左サイドから攻めるのがベスト。

18bDSC02499

18cDSC02503

コースを振り返った風景。

18zDSC02505

スコットランドは未訪ですが、アメリカでスコットランドのリンクスを感じることができたコースでした。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸から西海岸へ横断ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください