世界に認められた台湾のカバランウイスキー

最後に自分用のお土産にお酒を購入して帰ることに。

2008年に誕生したばかりのカバランウイスキー。

伯朗咖啡館(Mr.Brown Coffee)というコーヒーショップを経営する金車という会社が新規事業として立ちあげたので伯朗咖啡館でウイスキーが販売されています。

IMG_9885

台湾でウイスキー?と思うかもしれませんが近年、評価がグングンと上がってきているウイスキーなのです。

IMG_9886

カバランウイスキーは台湾の北東部の宜蘭県にある蒸留所で雪山山脈の水を使用して蒸留しています。

販売してわずか2年後の2010年には、ワールドウイスキーアワードでベストシングルモルトウイスキーを受賞し、世界中を驚かせました。

IMG_9888

その後も毎年いろんな賞を受賞を続けていてるウイスキーです。

IMG_9887

その理由は、台湾の亜熱帯気候がウイスキー造りにプラスになっているようです。

他のウイスキーの生産地より気温が高いので、早く熟成が進むのがいいのだとか。

カバランウイスキーは現在、10種類ぐらい樽を変えてシングルモルトを熟成しています。

飲み比べできるように1ショットサイズのミニボトルを販売しているので5つ選んでみました。

IMG_9889

右から

カバランクラシック(6種類の樽をブレンド)

カバランソリストヴィーニョバリック(ワインオーク樽)

カバランソリストフィノシェリーカスク(フィノシェリーオーク樽)

カバランシェリーオーク(シェリー樽)

カバランソリストバーボンカスク(バーボン樽)

IMG_9890

カバランクラシックを試飲させてもらったのですが香りが豊かなウイスキーでした。

帰国してから、他の樽のカバランを飲むのが楽しみです。

 

伯朗咖啡
八德路三段10號
http://www.kavalanwhisky.com/


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 台湾に出張、そして急遽ゴルフ | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください