生うにのぼっかけ丼

[みうらや ]

高速船のヴィーナスに乗り、1時間10分ほどで壱岐に到着。

いよいよ壱岐名物のウニが食べれます。
タクシーに乗り、ウニがおいしい店をリクエスト。

降ろしていただいたのはフェリー乗り場から歩いて5分ほどの場所にある「みうらや」。

漁獲量が少なく、幻のウニと言われている赤ウニを食べたかったのですが、赤ウニは6月中旬から10月までで今の時期はムラサキウニの時期のようでした。

ということで
生うにのぼっかけ丼(ムラサキウニ)を注文。
お味噌汁と漬物がついて2600円。

壱岐は麦焼酎の発祥の地ということで麦焼酎も一合注文。
さらに、酒のあてにサザエの壺焼き(2個で840円)も注文。

やってきました。ウニがこんなに乗っています。

 

img20080526uni.jpgタレを少しだけたらしていただきます。口いっぱいにウニが広がり、幸せです。

img20080526_1sazae.jpgこちらはサザエの壺焼き。磯の香りを堪能できました。

 

食事の後、郷ノ浦市内を散策。その後、タクシー乗り場に移動して、次の目的地の玄海酒造に移動しました。

———————————–
みうらや
長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦188-1
TEL.・FAX0920-47-6797
営業時間 AM11:00~PM9:00 
営業日 不定休 うにのシーズンは無休みたいです。
http://www.ikiweb.com/miuraya/


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください