息子の国内デビュー戦に向けての練習ラウンド

息子がゴルフを始めて1年半。

デビューラウンドは去年の4月にオアフ島のワイケレゴルフクラブで。

今まで7.5ラウンドしていますが、全て海外でのラウンド。その理由はプレイに時間がかかっても海外のゴルフなら後続組に先に行ってもらえるのが理由でした。

そろそろ日本国内のラウンドも大丈夫かなと思って、GOGOL関西コミュの仲間で11日に瀬田ゴルフコース東コースで開催するコンペに息子と一緒に参加することにしました。

息子も楽しみにしているようで、ラウンドするまでにショートコースで練習ラウンドをしておきたいと珍しくアピール。

私の時間が取れずにコンペ前日の10日の昼から枚方カントリー内のゴルフアベニューのショートコースに練習に行ってきました。

息子の課題はいろいろありますが、まずはパットとアプローチ。

この2つなら私も教えれますのでパットから指導。

通常のショットは私が教えるととんでもないことになるのでレッスン任せ(笑)

 
sonSN3J0329.jpgこの日は今までトンチンカンなパットをしていたのが、ずいぶんマシになってきました。

息子の人生初パーは去年の5月に岩倉ゴルフクラブのショートコース(というよりはアプローチ練習場みたいなコース)でゲットしました。

その時の記事「人生初パー?」

この日は特訓の成果もあり山岳コースの91ヤードでパーをゲット。

 

sonSN3J0330.JPG

アベニューでの初パーのグリーンを記念撮影

岩倉ゴルフクラブは距離が50ヤードぐらいのコースでのパーだったのでこの日のパーは、一年前より喜びが大きかったようです。

今年の3月にハワイ島のコナカントリーでショートホールで1オンしてパーパットを外して本コース初パーゲットを逃しているので、瀬田東コースでは、パーをゲットする気満々のようです。

ちなみに私のこの日のスコアは

前半の山岳コースでは16パットで7オーバーの34、後半の丘陵コースはなんと13パットの3オーバーの30でトータル10オーバーの64(29パット)という好スコア。

不調になって、リズムが狂い得意のアプローチとパットも最近不調になっていましたがアプローチとパットは調子が戻ってきたかもしれません。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください