黒糖焼酎180種類が揃っている居酒屋

[ならびや]

せっかくの奄美。黒糖焼酎をたくさん飲みたいので黒糖焼酎が揃っているお店を調べて行ってみることに。

息子は眠たいということで、ホテルに戻って就寝。

「ならびや」という居酒屋に行ってみました。

naSN3J0315.JPGカウンターに座ると目の前にいろんな焼酎が並びます。そしてその後ろにも。

 

 
naSN3J0314.jpgこんな感じで黒糖焼酎がずらりと勢ぞろい。

黒糖焼酎好きにはたまりません~

naIMG_0153.JPGそしてせっかくなので甕仕込みの黒糖焼酎などをロックでいただきました。

付きだしと注文した島らっきょうでチビチビと。いやガブガブと(笑)

 

naIMG_0154.JPGお腹一杯だったのでもう一品だけ。

シビ(キハダマグロ)のお刺身。醤油は奄美の甘い醤油で食べるか、普通の醤油で食べるかと聞かれたので、もちろんせっかく奄美に来ているので甘いほうの醤油でいただきました。

 

そんなこんなで黒糖焼酎のロックを4・5杯、銘柄を変えて飲みながら店主の和田さんと色々会話。

先祖を探しに息子二人で奄美に初めてきたこと。

明日は奄美カントリーで息子二人でラウンドすること。

今日は、お昼の鶏飯をひさ倉で食べてきたこと。

そんな会話をしていたのですが、先祖の嘉美行さんと関係のある名越左源太さんのことを知っておられたようで、左源太さんってやっぱり有名な人なんだとか思ったり。ますます嘉美行さんと名越左源太さんのことを調べたくなりました。

奄美カントリーの話を出すと、和田さんもゴルフ好きなようでよく奄美カントリーをラウンドされているとのこと。結構落とし所が難しくて、海沿いなので風のある日は大変だよってゴルフ談議でも盛り上がり楽しくお酒を飲むことができました。

そして鶏飯に関しては、「ひさ倉」と「みなとや」のどちらに行こうか迷ったのですが空港から名瀬に行く道の途中にある「ひさ倉」に行ったと話して、どっちがおいしいんですか?と聞くと、好みがあるからどちらがお勧めとかはないけど、自分はみなとやのほうが好きと。

その理由は、ひさ倉さんの鶏飯は観光客の方にも食べやすいようにスープの油を取っているみたいなのですが、みなとやさんは、今のスタイルの鶏飯の発祥のお店ということで油の浮いたスープで提供しているので、コクがあって好きということなので、明日の奄美カントリーのラウンド後に食べに行ってみることにしました。

ゴルフの話で盛り上がったこともあり、明日はラウンド終わったら息子と一緒に晩御飯を食べにきますと約束してホテルに戻りました。

黒糖焼酎に囲まれて飲める居酒屋。黒糖焼酎好きの私にとっては夢のような空間でした。

奄美に来たら必ず寄りたいお店です。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 阿母のルーツを探る奄美の旅と熊本ゴルフの旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください