小豆島手延べそうめんが源流の神崎そうめん

[金立SA(上り) ]

若木GCでのラウンドを終えて再び、福岡に移動。

帰る途中で金立SAに立ち寄り食事。

神崎そうめんを食べました。

IMG_4055.jpg

伊之助製麺の伊之助そうめんを使用。

寛永十二年(1635年)に小豆島から行脚していた禅僧の雲水が肥前神崎にて病にかかり苦しんでいたところ、伊之助が貧乏にもかかわらず、医者を呼び看病します。

その甲斐あって回復した雲水は伊之助に小豆島の手延べそうめんの製法を伝授したのが神崎そうめんの始まり。

佐賀県は小麦の生産も盛んなので古くから品質の良い素麺が作られ続けています。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください