葛が生い茂り、古墳時代には砦があった場所に造られたコース

[葛城ゴルフ倶楽部 山名コース]

静岡県の西部、袋井市にある葛城ゴルフ倶楽部をラウンドしてきました。

設計は井上誠一。開場は1976年(昭和51年)9月。

葛城ゴルフ倶楽部には山名コースと宇刈コースの36ホールあり、まずは山名コースをラウンド。翌日に宇刈コースをラウンド予定でこれで井上誠一氏設計コースで日本国内のコースは制覇。

葛城という名称は地名ではないので由来を調べてみました。この袋井市、掛川市の周辺では昔から葛の名産地として栄えていて、葛布や葛粉などの葛製品を生産していました。

ゴルフ場の造成予定地には、昔から葛が生い茂っていて、古墳時代には砦があった場所なので「葛のある城」という意味から「葛城」と名付けられたようです。

日本楽器製造株式会社(現在のヤマハ株式会社)の四代目社長の川上源一がゴルフ業界に参入するにあたって井上氏に設計を依頼して造り上げたコースです。

グリーンは2グリーンでKGとBGと命名されていますが、両方とも現在はベントグリーンになっていました。

この日はKGグリーンを使用。ティーはレギュラーティーから。

 

1番ホ ール 391ヤード パー4

ストレートで打ち上げなパー4

SN3O0608

セカンドも打ち上げ。KGグリーンは右。

SN3O0609

 

2番ホール 411ヤード パー4

打ち下しで右ドッグレッグの葛城の名物パー4。

SN3O0610

右奥にグリーンが見えているルートと左のフェアウェイを進む2つのルートがあります。右のルートは池越えのショートカット。

左のルートはセーフティーなルート。

SN3O0611

KGグリーンは右。

SN3O0613

 

3番ホール 509ヤード パー5

打ち上げで左ドッグレッグのパー5。ティーグラウンドの前には池がありますが気になりません。

SN3O0614

SN3O0616

KGグリーンは右。

SN3O0617

 

4番ホール 153ヤード パー3

池越えのパー3。KGグリーンは左。

SN3O0619

 

5番ホール 489ヤード パー5

ティーショットは打ち上げでセカンド以降が打ち下ろしになっているパー5

SN3O0620

ティーショットのねらい目はバンカーの右端。

SN3O0621

セカンドは打ちおろし。

SN3O0622

KGグリーンは右。BGグリーンとの間にウォーターハザードが配置されています。

 

6番ホール 366ヤード パー4

10個のバンカーが配置されているパー4

SN3O0624

KGグリーンは左。

SN3O0626

 

7番ホール 192ヤード パー3

距離のあるパー3。左はOB。

SN3O0627

 

8番ホール 400ヤード パー4

打ち下しのパー4

SN3O0628

KGグリーンは左。

SN3O0629

 

9番ホール 349ヤード パー4

池越えで左ドッグレッグのパー4。緩やかな打ち上げです。

SN3O0630

KGグリーンは左。

SN3O0631

 

10番ホール 378ヤード パー4

ストレートなパー4

SN3O0632

セカンドは打ち上げ。KGグリーンは左。

SN3O0634

 

11番ホール 144ヤード パー3

やや打ち下しのパー3。KGグリーンは右。

SN3O0635

 

12番ホール 364ヤード パー4

フェアウェイの左サイドとグリーン手前にウォーターハザードのあるパー4

SN3O0636

ティーショットは正面に見えるフェアウェイバンカーに。

SN3O0638

KGグリーンは左。

 

13番ホール 360ヤード パー4

左OBのパー4

SN3O0640

セカンドは打ち上げ。KGグリーンは右。

SN3O0641

 

14番ホール 378ヤード パー4

やや右ドッグレッグのパー4

SN3O0643

KGグリーンは左。

SN3O0644

 

15番ホール 512ヤード パー5

S字にドッグレッグする名物パー5

SN3O0646

最初は右に。

SN3O0647

セカンドは左にドッグレッグしています。

SN3O0648

KGグリーンは右。

SN3O0649

 

16番ホール 443ヤード パー4

豪快な打ち下ろしのパー4。遥かかなたに遠州灘が広がります。

SN3O0650

KGグリーンは右。

SN3O0651

 

17番ホール 161ヤード パー3

池越えのパー3。KGグリーンは右。

SN3O0653

 

18番ホール 504ヤード パー5

やや右ドッグレッグのパー5。第一打の右サイドはOB。

SN3O0654

SN3O0655

KGグリーンは左。

SN3O0657

地形を巧みに活かしてバンカーの配置も戦略的で素晴らしいコースでした。

いよいよ明日の宇刈コースで井上誠一氏設計の日本国内のコースはコンプリートです。明日も楽しみです。


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 静岡県西部ゴルフと愛知県豊橋食べ歩きの旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください