たこ焼きのルーツ「ラヂオ焼き」

[会津屋難波店]

おやつにたこ焼きのルーツのラヂオ焼き(ラジオ焼き)を会津屋で。
タコの代わりにじっくりと煮込まれたスジ肉が入ってます。

ラヂオ焼きは、大正8年に 会津屋の創業者の遠藤留吉がすじ肉とこんにゃくを入れて焼いたのが始まり。

飛び切り美味いというモノではありませんが、時々食べたくなります。
ここのラヂオ焼きもたこ焼きもソースをつけずに食べるスタイルです。

なぜ、ラヂオ焼きと名付けられたのか?当時、ラヂオが流行っていたのでハイカラな食べ物をイメージさせるためらしい。

そして昭和10年に客から兵庫県ではタコが入ってるよと明石の玉子焼きの話を聞き、ラヂオ焼きにもタコを入れるようになったのがたこ焼きの始まりらしい。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください