仙台藩御用酒発祥の地

巽門の近くにある清水門のそばに仙台藩御用酒発祥の地という石碑がありました。

1608年に伊達政宗は、奈良の明日香村の榧森で酒を造っていた又五郎を召下し、この地で日本酒を造らせました。明治時代まで続いたようですが、現在は途絶えてしまいました。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください