グラハム・マーシュが日本で初めて設計したコース

[アイランドゴルフパーク酒田]

山形県のアイランドゴルフパーク酒田(旧・酒田カントリークラブ)をラウンドしてきました。

庄内空港から車で50分で到着。

開場は1976年。設計はグラハム・マーシュ。

グラハム・マーシュはオーストラリア生まれのプロゴルファーでPGAツアーのヘリテージクラシックでの優勝や日本ツアーでも通算25勝をあげて世界中で活躍したゴルファー。

そのマーシュが日本で初めて設計したコースがここアイランドゴルフパーク酒田。

 

マーシュが日本で設計したコースは年代順に

神郷カントリークラブ(岡山県・1977年開場、2011年閉鎖)

マグノリアカントリークラブ(宮城県・1989年開場)

フォーティーンヒルズカントリークラブ(岐阜県・旧名ウィンザーカントリークラブ・1991年開場)

隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部(長野県・1992年開場)

鹿児島ガーデンゴルフ倶楽部(鹿児島県・1993年開場)

ミッションバレーゴルフクラブ(福岡県・1994年開場)

とアイランドゴルフパーク酒田を入れて7コースあり、そのうちアイランドゴルフパーク酒田と閉鎖された神郷カントリークラブ以外はロス・ワトソンという人物と共同で立ち上げた設計会社のマーシュー・ワトソン社の設計になるのでマーシュ単独で設計した現存する日本国内のコースはここだけになります。

 

私が他にグラハム・マーシュ設計でラウンドしたコースはサイパンのキングフィッシャーゴルフリンクスがあります。

キングフィッシャーゴルフリンクスの記事はこちら「幸運の鳥が飛び交うシーサイドコース

キングフィッシャーでも感じましたが、狭い敷地に各ホールが配置されていて曲げると即アウトというターゲット重視のコースにこのアイランドゴルフパーク酒田も仕上がっていました。

トリッキーなホールが続きますが、たまにはこういうコースも気分転換にはいいかもしれません。

アウトは月山コース、インは鳥海コースと呼ばれています。ティーはブルーティーから。

 

1番ホール 338ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4。左には庄内平野が広がっています。

01aDSC04315

01bDSC04316

 

2番ホール 496ヤード パー5

ストレートなパー5

02aDSC04317

02bDSC04318

02cDSC04319

 

3番ホール 323ヤード パー4

距離の短いパー4

03aDSC04320

03bDSC04321

 

4番ホール 143ヤード パー3

谷越えのパー3。グリーン右には池が配置されています。

04DSC04322

 

5番ホール 411ヤード パー4

ストレートなパー4

05aDSC04323

05bDSC04324

 

6番ホール 348ヤード パー4

距離の短い右ドッグレッグのパー4

06aDSC04325

200ヤードを超えたあたりから右に下って行ってます。グリーン右手前にも池が。

06bDSC04326

 

7番ホール 378ヤード パー4

左ドッグレッグのパー4

07aDSC04327

セカンドは打ちおろし。

07bDSC04329

 

8番ホール 512ヤード パー5

豪快な打ち下ろしのパー5。ティーショットは谷越え。

08aDSC04330

08bDSC04331

08cDSC04332

 

9番ホール 178ヤード パー3

打ち上げのパー3

09DSC04333

ティーグラウンドから後ろを振り返ると庄内平野が広がっています。

09DSC04334

グリーンからティーグラウンド方向を振り返った風景。

09zIMG_5808

 

10番ホール 395ヤード パー4

庄内平野に向かって打ち下す、右ドッグレッグのパー4

10aDSC04293

10bDSC04294

 

11番ホール 370ヤード パー4

打ち上げのパー4

11aDSC04295

11bDSC04296

 

12番ホール 576ヤード パー5

距離のあるやや右にドッグレッグしているパー5

12aDSC04297

セカンドは打ちおろし。

12bDSC04298

12cDSC04299

12dDSC04300

 

13番ホール 224ヤード パー3

距離のある池越えのパー3

13DSC04301

 

14番ホール 375ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

14aDSC04302

セカンドは急な打ち上げ。

14bDSC04303

 

15番ホール 108ヤード パー3

距離の短い池越えのパー3

15DSC04304

 

16番ホール 376ヤード パー4

ストレートなパー4。ティーグラウンドから200ヤード地点に池があります。

16aDSC04305

セカンドは距離のある池越え。

16bDSC04306

このホールかなり狭くてセカンドも距離が残るので難しいホールでした。

 

17番ホール 326ヤード パー4

距離の短いストレートなパー4

17aDSC04307

17bDSC04308

 

18番ホール 453ヤード パー5

距離の短い2オン可能なパー5

18aDSC04309

18bDSC04310

18cDSC04312

 


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 山形・宮城ゴルフ旅(2014年) | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください