ドナルド・ロスを巡る旅

前回の9月にアメリカ東部ゴルフ旅でラウンドしたコースは以下の14コース
Oakmont(世界8位) 
National Golf Links of America(世界10位)
Merion East(世界11位)
Fisher's Island(世界18位)
Winged Foot West(世界20位)
Friar's Head(世界31位)
Bethpage Black(世界46位)
Somerset Hills(世界71位)
Boston(全米86位)
Fox Chapel(全米95位)
Sleepy Hollow
Bayonne
Trump GL at Ferry Point
Hay Harbor Club

この時はマクドナルドとレイナー、そしてティリングハーストという系譜のクラシックコースを訪れる旅でマクドナルドとレイナーのコース設計の思想が理解できた旅でもありました。

そして今回は
Shinnecock Hills(世界6位) 
Quaker Ridge(世界74位)
Winged Foot East(世界84位)
Old Sandwich(世界90位・2013年)
Plainfield CC(全米50位)
Newport(全米57位)
Course at the Yale(全米70位)
Kittansett(全米76位)
Eastward Ho!(全米78位)
Essex(ニューイングランドで最古)
Rhode Island
Whitinsville(9ホールのドナルドロスの傑作)
Worcester
Sunnigdale
Wanumetonomy
Wannamoisett
Newport National
の17ラウンド

世界6位のシネコックは別格として前回よりランキングは低いコースが多かったですが更にコース設計の奥深さを感じることができた素晴らしい旅になりました。

IMG_4663

特にドナルド・ロスのコースを多く回ることができ、ロスの設計したコースの良さがはっきりと理解できたのが大きな収穫です。

IMG_4709

IMG_6061

ロスが設計したマスターピースのパインハーストをラウンドしたのが四年前。
その時、感じたのは確かに素晴らしいコースだけどなぜ世界16位のコースなのか、いまいち理解できなかったのですが、今なら理解できそうな気がします。

IMG_6077

いつかパインハーストを再訪してみたいなと思った旅になりました。

IMG_6311

 


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. アメリカ東海岸ゴルフ旅(2017年) | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください