マイオピアハントクラブを見学

[Myopia Hunt Club/マイオピアハントクラブ]

マサチューセッツ州のエセックスカントリークラブでのラウンドを終えて、今夜の宿泊先のロードアイランド州に移動。

その前にマサチューセッツ州の2つのプライベートクラブを見学に行くことにしました。

まずは、マイオピアハントクラブ。

IMG_4884

設立は1882年。ハントクラブという名前の通り、最初は狩猟(ハンティング)を目的としたプライベートクラブでスタートしました。

IMG_4887

ゴルフコースは1894年にHerbert C. Leeds(ハーバート・C・リーズ)の設計で9ホールのコースとして開場。

IMG_4890

リーズは開場後も30年間、マイオピアハントクラブでコースの改造・メンテナンスなどを行っていました。

IMG_4891

1901年には18ホールに拡張。

全米オープンの会場にも4度なっています。(1898年、1901年、1905年、1908年)

IMG_4892

18ホールになったのは1901年なので、1898年の全米オープンは9ホールのコースで開催されていたことになりますね。

IMG_4893

1908年の全米オープンを開催して以降、マイオピアハントクラブは全米オープンを開催していません。

その理由は、メンバーだけの空間を大切にしたいという思いからのようです。

IMG_4894

ゆったりとした空気感が漂う素敵なクラブでした。

(※2019.11.27追記:2019年のゴルフマガジンの世界TOP100に92位でランクインしました。)

余談ですが、1900年頃にマイオピアハントクラブでローンツリーというカクテルが生まれました。

ジン20ml

ドライベルモット20ml

スイートベルモット10ml

オレンジビターズ1ダッシュ

をステアしたカクテル。


(2019.11.22追記)

2019年のゴルフマガジンの世界TOP100コースにマイオピアハントが初めてランクインしました。

その記事をまとめている時にこの記事を再度確認してローンツリーのカクテルを思い出しました。

TOP100ランクイン記念にローンツリーを作ってみました。

カクテルの王様マティーニと女王マンハッタンを足したような味わい。

材料が似てるので冷静に考えたら当たり前なのですが、今まで飲んだ事ない味わいです。

これからたまにバーで頼んでみたいと思います。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください