脂がのった最高級の根ぼっけの刺身と根ぼっけの開き

[根ぼっけ]

真イカなどを函館山で堪能した後、もう一軒、ハシゴしたいと思います。

根ぼっけ料理がいただいける、その名も「根ぼっけ」に。

IMG_3455

まずは大正5年創業の二世古酒造の上撰で。

IMG_3457

通常回遊しているホッケが回遊せずに岩礁などに生息することで通常よりサイズが大きくなり、更に脂が乗ったホッケのことを根ぼっけと呼ぶようです。

その、根ぼっけを生で食べるのはアニサキスなど寄生虫がいることもあるので「親の遺言で食べない漁師もいるぐらい」危険なのですが、こちらのお店では確かな技術と目利きで25年前から自信を持って提供しているので安心していただくことができます。

こちらが、その根ぼっけの刺身

IMG_3459

脂の乗りが最高で美味しかったです。

カウンターで大将と会話しながらいただいているとサービスで団体さん用に出していた根ぼっけの押し寿司を一切れ出してくれました。

IMG_3460

続いて、幸神めぬきの刺身を函館の米で作った吟醸酒の「飲ん米」で。

IMG_3465

飲ん米は、小樽の酒蔵の田中酒造とJA新はこだてが協力して造ったお酒。

函館産米の「はこだて育ち ふっくりんこ」を使用した純米吟醸酒。

 

そして、根ぼっけの開きの半身の小。

IMG_3468

半身の小でも、大きいです。
上品な脂なので醤油をかけずに大根おろしだけをつけて。

ここのホッケの開きを食べたらよそでは食べれなくなりますね。

再訪確定の素晴しいお店でした。

 

根ぼっけ

http://www.nebokke.jp/


Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. 函館ゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください