鈴鹿連峰に囲まれた中日新聞系列の27ホール

[中日カントリークラブ]

三重県の中日カントリークラブ。

開場は1979年。設計は富沢誠造とその息子の富沢廣親。経営母体は中日新聞。

西コース、中コース、東コースの27ホールあります。開場時は西、中コースが完成し、その後、東コースが増設されました。

2グリーンでした。この日は左グリーン。

今回は東=>西コースとラウンドしてきました。

ティーはホワイトティーから。

東1番ホール 511ヤード パー5

右ドッグレッグのパー5

東2番ホール 386ヤード パー4

ティーショットが池越えの右ドッグレッグのパー4

東3番ホール 342ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4

東4番ホール 137ヤード パー3

東5番ホール 359ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4。写真は二打目地点。

東6番ホール 339ヤード パー4

距離の短い打ち下ろしのパー4

東7番ホール 294ヤード パー4

谷越えで距離の短いパー4

セカンドは打ち上げ

東8番ホール 155ヤード パー3

屋や打ち上げのパー3

東9番ホール 488ヤード パー5

左ドッグレッグのパー5

西1番ホール 483ヤード パー5

距離の短いパー5

西2番ホール 338ヤード パー4

距離の短いパー4

西3番ホール 165ヤード パー3

池越えのパー3

西4番ホール 301ヤード パー4

距離の短いパー4

西5番ホール 381ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

西6番ホール 165ヤード パー3

西7番ホール 451ヤード パー5

距離の短いパー5

西8番ホール 379ヤード パー4

セカンドが池越えのパー4

西9番ホール 362ヤード パー4

右ドッグレッグのパー4


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください