小値鹿島はかつて2つに分かれた島だった

小値鹿島は昔は2つに分かれた島だったそうです。

鎌倉時代の末期(建武元年の1334年)に2つの島の間にある狭い海を埋め立てて1つの島にしたようです。

この時に埋め立てられた新田を建武新田と呼んでいるようです。

鎌倉時代に埋め立てたというのがすごいですね。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください