沖縄の27ホールあるリゾートチャンピオンシップコース

[PGMゴルフリゾート沖縄]

沖縄県国頭郡恩納村にあるPGMゴルフリゾート沖縄。

1972年に沖縄国際ゴルフ倶楽部の名前で開場。27ホールあり、設計は松山桂司。

2005年にPGMの傘下に入る前は日本ゴルフ振興のグループでした。

PGMは2015年からコースを一年ごとに、ハイビスカス、デイゴ、ブーゲンビリアの順に改修し、2017年にPGMゴルフリゾート沖縄と現在の名前に変えてリニューアルを行いました。この改修の設計は佐藤穀、監修は青木功が担当。

2017年、2018年、2019年のHEIWA・PGMチャンピオンシップ開催コース。

今回はデイゴ、ハイビスカスコースをラウンド。レギュラーティーから。

デイゴ1番ホール 495ヤード パー5

東シナ海に向かって打ち下ろすパー5

デイゴ2番ホール 325ヤード パー4

レギュラーティーからは距離の短い海に向かって進むパー4

チャンピオンティー(423ヤード)からの風景。

右サイドにはアメリカのオークモントカントリークラブで有名なバンカーのチャーチピューズを模倣したバンカーが設置されていました。

本家のチャーチピューズの写真はこちらをご覧ください。

デイゴ3番ホール 362ヤード パー4

ティーショットは谷越えで左ドッグレッグのパー4

こちらはチャンピオンティ(416ヤード)からの風景

セカンドは打ち上げ

デイゴ4番ホール 162ヤード パー3

デイゴ5番ホール 364ヤード パー4

打ち下ろしのパー4

セカンドは打ち上げ

デイゴ6番ホール 386ヤード パー4

ティーショットはやや打ち上げのパー4

チャンピオンティ(459ヤード)からの風景

デイゴ7番ホール 176ヤード パー3

5つのバンカーに囲まれているパー3

チャンピオンティ(213ヤード)からの風景

デイゴ8番ホール 318ヤード パー4

レギュラーティからは距離の短い打ち上げのパー4

グリーン奥から振り返った風景

デイゴ9番ホール 465ヤード パー5

打ち上げで距離の短いパー5

ハイビスカス1番ホール 473ヤード パー5

東シナ海に向かって打ち下ろす距離の短い左ドッグレッグのパー5

ハイビスカス2番ホール 368ヤード パー4

打ち下ろしで右ドッグレッグのパー4。

正面のカフーリゾートの建物がなければ絶景だと思います。

左サイドには池がありグリーン手前まで続きます。

ハイビスカス3番ホール 354ヤード パー4

左サイドに海が広がるパー4

次の4番ティーから3番グリーンを見た風景

ハイビスカス4番ホール 377ヤード パー4

やや左ドッグレッグのパー4

ハイビスカス5番ホール 143ヤード パー3

池越えのパー3

ハイビスカス6番ホール 481ヤード パー5

距離の短い右ドッグレッグのパー5

ハイビスカス7番ホール 338ヤード パー4

距離の短いパー4。右OB注意。

グリーンは右サイドにあるのでティーショットは左狙いがベスト。

ハイビスカス8番ホール 174ヤード パー3

東シナ海に向かって打ち下ろすパー3

ハイビスカス9番ホール 346ヤード パー4

打ち上げのパー4

グリーンから振り返った風景。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください