沖縄での愛車「フィガロ」

沖縄移住に合わせて購入した30年前のニッサンのフィガロ。

石川県まで見に行って去年の10月に購入しました。

この曲線が好きで、トロトロと沖縄を走るにはちょうどよいかなと思って決めました。

整備が終わって試運転を兼ねるために石川県まで取りに行き、大阪の南港を目指すことに。南港からフェリーで輸送です。輸送には二日間。

翌日には飛行機で先に私が沖縄入りして、引越しを完了して、その次の日に車を受け取りという予定でした。

フィガロを引き取ってアクセルを踏んだ時になんか加速がおかしいなと思いながら、まあ30年前の車だからこんなものかと思いながら高速道路に入って坂道を上るとどんどん減速していきます。最終的には10キロぐらいの速度に。。

このまま高速に乗っていると事故になるので下道に。

そして坂道でとうとう、動かなくなりました。業者から中古車を購入したのは初めてですが、こんな雑なメンテナンスもあるのだなぁと。まあ30年前の車なので仕方ない部分もありますが。

JAFを呼んで業者に車を戻して再整備してもらうことに。

整備して動く状態になって受け取るという約束だったので、お金返してください。と言ってもよかったのですが、中古車の場合、基本返金って、難しいようですし、フィガロなんで金額も知れてますので我慢して修理を待つことに。

そして、その後も再整備してから引き取る予定が年が明けて2月になりました。

4か月経っても直らず(笑)

壊れたパーツ(エアフローセンサー)が生産終了で在庫切れのため他のフィガロが廃車になるまで待つしかない状態でした。

自宅から歩いて五分の所にレンタカー屋さんがあり、5日借りても8000円ぐらい。1日なら3000円もしないので、のんびりと構えてました。マンションの駐車場も月3000円なので借りたまま(笑)

しかし、このままほったからしもよくないなと。

業者も必死で探してるみたいですが、私もパーツを探すのに協力することにしました。国内のフィガロを取り扱っている業者や日産にも問い合わせましたがやはり在庫がありません。

たぶん海外までは探せてないだろうと思って、海外のオークションサイトを探すとイギリスにそれらしきパーツを発見。

値段も手頃なのでとりあえず落札してみました。パーツが届いたのが3月10日でした。

石川県に送って修理が上手くいけば3月下旬ぐらいにはようやく乗れるかも。

と思っていたのが甘かった。。

パーツを交換してもまだまだ不具合が多く、まだまだ整備が必要との連絡が。。

エアフローセンサー以外にO2センサー、ガソリンタンク脱着・錆取、ポンプ交換などなど。

そして購入してから、待つこと8カ月。本日、ようやく沖縄に到着しました。

たぶんすぐに壊れると思いますが(笑)

修理を楽しみながら乗るつもりです。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください