各ホールに世界の芸術家の名を冠した芝山GC

[芝山ゴルフ倶楽部 ]

千葉県の芝山ゴルフ倶楽部をラウンドしてきました。

オークビレッヂや富士クラシックなど奇抜な設計をすることで知られているデズモンド・ミュアヘッド氏設計のコースです。

開場は2000年。

ミュアヘッド氏が日本で設計したコースは開場順に

新陽カントリー倶楽部(岐阜県)
太平洋アソシエイツ佐野ヒルクレストコース(栃木県)
若木ゴルフ倶楽部(佐賀県)
セゴビアゴルフクラブ イン チヨダ(茨城県)
アバイディングクラブゴルフソサエティ(千葉県)
オークビレッヂゴルフクラブ(千葉県)
富士クラシック(山梨県)
芝山ゴルフ倶楽部(千葉県)
ブリック&ウッドクラブ(千葉県)

と9コースあり、今まで富士クラシック、オークビレッヂ、ブリック&ウッド、セゴビアとラウンドしてきました。

(※その後、全コースラウンド済みになりました。)

どのコースも奇抜なデザインでゴルファーを楽しませてくれますが、彼が設計するコースは奇をてらったデザインだけではなく、コース設計の基本がしっかりと構築された上での遊び心が溢れるコースになっています。

 

ミュアヘッド氏が設計するコースには設計コンセプトがあり、オークビレッヂではアーサー王伝説、新陽ではギリシャ神話、富士クラシックでは葛飾北斎の富嶽三十六景をモチーフにしていると言われています。

今回の芝山ゴルフについては各ホールに世界の有名芸術家の名前が冠されています。

ティーはバックティーからのラウンド。

 

1番ホール(ホフマン) 382ヤード パー4

オーストリアの建築家ホフマンに因んだパー4(ゴルフ場のコースガイドにはオーストラリアと書かれていますがおそらくオーストリアの間違いじゃないかなぁと思います)

01aSN3J0005.JPG

01bSN3J0006.JPG

2番ホール(アシュビー) 344ヤード パー4

イギリスの美術工芸家で彫金師でもあるアシュビーの作風をベースにしたパー4

02aSN3J0007.JPG

02bSN3J0008.JPG

3番ホール(マイセン) 493ヤード パー5

右サイドに池が続くパー5。初期の柿右衛門に影響を受けたマイセンを表現するために、柿右衛門の図柄に見るようなバンカーやマイセンの剣のようなバンカーを配置しているようです。

03aSN3J0009.JPG

03bSN3J0010.JPG

4番ホール(ギマール) 424ヤード パー4

アールヌーボーの大建築家ギマールに因んだ打ちおろしの距離のあるパー4

04aSN3J0011.JPG左OB、右は隣のホールでセーフです。

04bSN3J0012.JPG右に見えるバンカーはギマールに敬意を表した大きなバンカーらしいです。

 

 

5番ホール(ミロ) 162ヤード パー3

渚とヒトデ型のバンカーが印象的なパー3。渚のような長いバンカーはミロの絵画の表現を表しているようです。

05SN3J0013.JPG

6番ホール(アープ) 332ヤード パー4

生涯の大半をスイスで過ごしたドイツ生まれのアープに因んだ左ドッグレッグのパー4

06aSN3J0014.JPG

06bSN3J0015.JPG

7番ホール(広重) 205ヤード パー3

歌川広重の「名所江戸百景」にヒントを得た池越えのパー3

07SN3J0016.JPGバックティーから205ヤード。このレイアウトでは直接乗せるしか方法がありません。。

 

 

8番ホール(北斎) 348ヤード パー4

7番ホールと相似形になっているパー4。7番ホールの広重と同時期を生きた葛飾北斎に因んでいる。ミュアヘッド氏がジャック・ニクラス氏と共同設計したオハイオ州ダブリンにあるミュアフィールド・ビレッジCCの14番ホールに似ているらしいです。

08aSN3J0017.JPG

08bSN3J0018.jpg鋸状のバンカーが印象的です。

グリーンを富士山と考えると「神奈川沖浪裏」をイメージできそうです。

富士クラシックの17番ホールは「神奈川沖浪裏」と名付けられていますが同じテーマでも違った雰囲気が楽しめます。

 

 

9番ホール(ゴッホ) 476ヤード パー5

ゴッホに因んだパー5。ゴッホが模写した歌川広重の絵にあるような樹木が植えられています。

09aSN3J0019.JPG

09bSN3J0020.JPG

10番ホール(アレクサンダー) 427ヤード パー4

動く彫刻のモビールの創始者として有名なアレクサンダーの作品にヒントを得た長めのパー4

10aSN3J0021.JPG

このホールは後半に続くホールにちりばめられたコースの特徴をアレンジされてるようです。

10bSN3J0022.JPG

11番ホール(ブラック) 381ヤード パー4

キュービズムの創始者のひとりであるブラックに因んだ打ちおろしのパー4。

右には池があります。

11aSN3J0023.JPG

s11bSN3J0024.JPGグリーン奥にはブラックがよくデザインしていた鳥をイメージしたバンカーがありました。 

 

12番ホール(ドガ) 182ヤード パー3

踊り子をテーマにした名画で知られるドガをイメージした打ちおろしのパー3

12SN3J0025.JPG

13番ホール(クリムト) 504ヤード パー5

日本美術の造形に大きく感化されていた19世紀末の画家クリムトに因んだパー5

13aSN3J0026.JPG

13bSN3J0027.JPG13cSN3J0028.JPG

14番ホール(柿右衛門) 444ヤード パー4

ミュアヘッド氏は江戸時代の陶芸家の酒井田柿右衛門の作品を「最大の技術品」と讃えているようです。そんな柿右衛門に因んで距離の長い右ドッグレッグのパー4

s14aSN3J0029.JPGs14bSN3J0030.JPG

15番ホール(仁清) 289ヤード パー4

江戸時代前期の陶工の野々村仁清に因んだ距離の短いパー4

15aSN3J0031.JPG

16番ホール(ブラングーシ) 167ヤード パー3

偉大な彫刻家ブラングーシの作風にヒントを得たパー3

16SN3J0033.JPG

17番ホール(マッキントッシュ) 507ヤード パー5

名建築家でもあり家具デザイナーでもあるマッキントッシュはデザインの中に格子柄模様を好んで使いました。そのイメージを再現するためにセカンドショットとサードショットの地点に畦のようにうねるマウンドやラフを配置したパー5

17aSN3J0034.JPG

17bSN3J0035.JPG

17cSN3J0036.JPG

18番ホール(マティス) 371ヤード パー4

色彩の魔術師と呼ばれたフランスの画家マティスに因んだパー4

ティーショットもセカンドショットも池に絡むスリリングで美しいホールです。

18aSN3J0037.JPG

18bSN3J0038.JPG


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください