LAの名門ベルエアカントリークラブへのお誘い

[ベルエアカントリークラブ ]

先日、アイルランドとスコットランドのゴルフの旅にお誘いいただきました。

その旅の中でラウンドするコースが

ポートマーノックGCオールドコース
ロイヤルポートラッシュGC
ロイヤルカウンティダウン
セントアンドリュース・オールドコース
キングスバーンズGL
セントアンドリュース・ジュビリーコース
カーヌスティGL

という豪華ラインナップ。

ぜひご一緒させていただきたいと思い、日程を聞くと祇園祭の山鉾巡行の日が日程の中に入っていたので、私が祇園祭の巡行の責任者であるために泣く泣くお断りをさせていただきました。

そして今度は別の方から8月にロサンゼルスの名門ベルエアカントリークラブをラウンドする機会があるので一緒にラウンドに行こうというお誘いをいただきました。

(群馬県にベルエアカントリークラブという同名のゴルフ場がありますが、全くの別のゴルフ場です)

ロサンゼルスのベルエアカントリークラブは以前からラウンドしたかったゴルフ場の1つです。

設計はジョージ・C・トーマス。

あのリビエラカントリークラブやロサンゼルスカントリークラブ・ノースコース、オーハイバレーカントリークラブなどを設計したことでも有名です。

リビエラをラウンド後、トーマス氏に興味がわき、オーハイバレーをラウンドしたのですが、その他のトーマス氏設計のコースにもますます興味がわいてしまいました。

そんなトーマス氏設計のベルエアで有名なホールは10番パー3、14番パー5、17番パー4の3ホール。

その中でシグネチャーホールと言われるのは150ヤードの谷越えがある10番ホール(パー3、200ヤード)。

バックナインの設計をするときに当初予定されていた土地をUCLAが購入してしまい、計画の変更を余儀なくされたようです。

当時、トーマス氏はペブルビーチの設計で実績を上げたジャック・ネビル氏も加えてベルエアの設計を進めていたのですが10番ホールの設計をイチから考え直す必要があり困っていたところ、ふと谷の反対側の土地からティーショットさせてはどうかと思いつき、ネビル氏にショットをさせたところ成功し、トーマス氏も同じように成功したことで10番ホールが生まれたという逸話があります。

その時にティーグラウンドから谷を越えてグリーンに渡るために作られた橋が”SwingingBridge”と呼ばれています。

belair.png

ベルエアカントリークラブのWEBサイト(http://www.bel-aircc.org/)のトップページに掲載されているこの白い橋がSwingingBrigdeです。

ティーショットで1オンして、この橋を渡ってみたいなぁ。

その他、コースの一番の高台に作られている景観のいい14番ホール。

ベン・ホーガンが自分がラウンドしたパー4の中で一番素晴らしいホールの中の1つと言っている17番ホールなども気になります。

プライベートなコースなので、なかなかラウンドすることができないのでこの機会にぜひラウンドしたいのですが。。

お誘いいただいた8月は年に一度の家族サービスでハワイに旅行に行くことが決まっているので日程的に厳しそうです。

今回はご一緒できませんが、こうやって想像できるだけでも楽しいです。

お誘いいただき、本当にありがとうございます。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

4 Comments

  1. ベルエアいいですね。
    米国も本当にいいコースはベリィプライベートだからなかなか回れませんね。
    楽しんできてください。

  2. nobさん
    そうなんですよ。なかなかラウンドできるチャンスが、ないので行きたいのですが一ヵ月近く日本にいないのはどうかなぁと迷っています。
    引退しているならいいんですがそうでもないので(笑)

  3. お盆に友人がBandon Dunesに行くのですが参加できません。
    スコットランドなかなか行けません。
    長期休めたら毎年行きたいですが。

  4. nobさん
    Bandon Dunes、いいですよねぇ。
    私も必ずラウンドしにいこうと思っているコースです。
    4つとも全部ラウンドしてみたいいいコースですよねicon:note

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. ロサンゼルスCCとベルエアCCへのお誘い | ゴルフバカの気まぐれブログ
  2. ロサンゼルス近郊ゴルフ | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください