納沙布岬で日本で一番最初に朝日を浴びる

[納沙布岬 ]

根室で一泊して翌朝は朝4時半に起床。

日本最東端の納沙布岬まで行き、日本で一番最初に朝日を浴びに行くことに。

SN3O0984.JPG

5時15分頃に納沙布岬に到着。こちらは納沙布岬灯台。

SN3O0002.JPG

まだ日の出まで時間があるので岬の周辺を散策。

地平線には雲が固まっているようで今日も海から顔を出す日の出は見れそうにないのが残念。

SN3O0012.JPG

雲の層の上部から徐々に太陽が顔を出してきた。

SN3O0028.JPG

寒かった空気が少し暖かくなってきた。

SN3O0036.jpg

ひんやりした空気の中で見る日の出は気持ちいい。

SN3O0038.JPG

納沙布岬灯台は明治5年に建設されて、北海道最古の灯台。

こちらも日本の灯台50選に選ばれている灯台。

今回の旅で50選のうち、稚内灯台、宗谷岬灯台、花咲灯台と納沙布岬灯台と4個所の灯台を訪れることができた。

いつか50選全部の灯台を巡る旅をしてもいいかも。

SN3O0055.JPG

陽がだいぶ昇ってきたので宿に戻って朝食を食べることに。

宿に戻る途中、昨日ラウンドした根室ゴルフクラブを通過したので誰もいないコースを道から撮影。

SN3O0067.JPG

昨日の曇り空のコースもリンクスっぽくてよかったけど、やはり青空の下の青々とした芝の色もいいなぁ。

しばらくコースを眺めて昨日のラウンドを回想。

SN3O0068.JPG

こちらの沼は温根沼(オンネトー)という沼。

根室には温根沼と呼ばれる沼は2つあり、こちらは小さいほう。大きいほうは海と繋がっていて魚介類も獲れるのだとか。

オンネ・トーはアイヌ語で年老いた沼という意味でオンネは老人のように何でも知っていて親切だというような老人を尊ぶ意味らしい。

一般的にオンネトーと根室で言えばこちらの小さい温根沼ではなく大きいほうをオンネトーをいうようで、阿寒湖方面にもオンネトーという沼があるが、阿寒湖方面のオンネトーのほうが観光的には有名。

今日はその阿寒湖の方面にあるオンネトーに観光に行く予定。

SN3O0069.JPG

こちらは小さいほうの温根沼の隣にあるタンネ沼。

上空から見ると細長い釣り針のような形をした沼らしい。

タンネはアイヌ語で細長いという意味。

こうやってアイヌ語を少し触れるとアイヌ語について興味が湧いてきた。

SN3O0072.JPG

宿に戻る途中に根室十景の1つの明治公園のそばを通ったのでこちらも寄り道。

北海道で2番目に古い、明治8年に国が創設した牧場の跡地を利用した公園で昭和7年と11年に建てられた、3基のレンガ造りのサイロがシンボル。

 

宿に戻り、朝食を食べたら出発です。


Comments

comments

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください