マッケンジー設計の青い海と空が壮観なコース

[New South Wales GC/ニューサウスウェールズゴルフクラブ]

オーストラリアのニューサウスウェールズ州のニューサウスウェールズゴルフクラブをラウンドしてきました。

開場は1928年。設計はサイプレスポイントやオーガスタナショナルの設計で有名なアリスター・マッケンジー。

ゴルフマガジン社が二年に一度発表している世界ゴルフ100選で2013年には41位、2015年には37位にランクインしているコースです。

コースは、ラ・ペールズの断崖にあり、設計のために視察にきたマッケンジーは、「この壮観な景色は、世界中のどのコースの景色よりも素晴らしい。例外があればサイプレスポイントだけだ。」と絶賛しています。

コースからは1770年にキャプテン・クックがオーストラリアに初上陸したボタニー湾も見渡すことができる素晴らしいロケーションでした。

開場後、何度かレイアウトが変更され、E.L.アーパリーが担当しました。有名な6番ホールの海越えのパー3やその他のパー3もアーパリーによる設計です。

00DSC05707

ティーはチャンピオンシップティーからティーオフ。6232mです。(オーストラリアではヤード表示ではなくメートル表示です)

5番ホールと6番ホールはThe 500 World’s Greatest Golf Holesに選出されています。(6番ホールはThe One Hundredにも選出)

 

1番ホール 293m パー4

ストレートな距離の短いパー4

01aDSC05669

01bDSC05670

セカンドは打ち上げ。

01cDSC05671

 

2番ホール 184m パー3

距離のあるパー3

02DSC05672

 

3番ホール 380m パー4

ティーショットがブラインドで左にドッグレッグしているパー4

03aDSC05673

ティーショットは小山越えのようになっています。

03bDSC05675

03cDSC05676

左にほぼ直角にドッグレッグしています。セカンドは打ち上げ。

03dDSC05678

グリーン手前から見た風景

03eDSC05679

 

4番ホール 391m パー4

ストレートで距離のあるパー4

04aDSC05680

04bDSC05681

04cDSC05682

 

5番ホール 468m パー5

海に向かって進むストレートなパー5

05aDSC05683

セカンド以降は打ちおろし。

05bDSC05684

素晴しい光景です。

05cDSC05685

05eDSC05687

05fDSC05688

 

6番ホール 177m パー3

海越えのパー3

06DSC05689

グリーン右奥から振り返った風景

06zDSC05690

7番ティーから6番グリーンを見た風景

06zDSC05691

 

7番ホール 376m パー4

ストレートで打ち上げのパー4

07aDSC05692

セカンド以降も打ち上げが続きます。

07bDSC05693

コースを振り返った風景

07cDSC05695

07dDSC05696

グリーン奥からコースを振り返った風景

07eDSC05697

 

8番ホール 505m パー5

ストレートで距離のあるパー5

08aDSC05698

セカンドは小山越え

08bDSC05700

08cDSC05701

 

9番ホール 340m パー4

やや左ドッグレッグでコースが左に傾斜しているパー4

09aDSC05703

09bDSC05705

 

10番ホール 360m パー4

ストレートなパー4

10aDSC05624

10bDSC05628

 

11番ホール 149m パー3

打ち下しのパー3

11DSC05629

11DSC05630

 

12番ホール 482m パー5

ストレートなパー5

12aDSC05631

12bDSC05633

12cDSC05635

12dDSC05636

グリーンから振り返った風景

12zDSC05637

 

13番ホール 375m パー4

打ち下しで左ドッグレッグのパー4

13aDSC05639

13bDSC05640

セカンドは海に向かってのショット。

13cDSC05641

グリーン右サイドから見た風景

13dDSC05644

 

14番ホール 323m パー4

左ドッグレッグで崖越えのパー4

14aDSC05645

コースは左に傾斜しています。

14bDSC05646

セカンド地点からティーグラウンド方向を振り返った風景

14cDSC05647

グリーンは打ち上げ

14cDSC05649

 

15番ホール 372m パー4

ティーショットが打ち上げでやや右ドッグレッグのパー4

15aDSC05650

15bDSC05651

15cDSC05652

 

16番ホール 403m パー4

距離のある左ドッグレッグのパー4

16aDSC05654

左には砂丘が。

16bDSC05656

グリーンの右側にも砂丘があります。

16cDSC05659

グリーン左手前から見た風景。

16dDSC05660

 

17番ホール 153m パー3

ウエストエリア越えのパー3

17aIMG_8979

ティーグラウンドから海を見た風景。左のグリーンは先ほどホールアウトした16番グリーンで、右のグリーンはエクストラホールの19番ホールのグリーンのようです。

17zDSC05661

今、スコアカードを見ていて気づきました。14番グリーンをホールアウトした辺りにティーグランドがあるようです。

次回ラウンドしたときに見てこようと思います。

19

視界が広くとにかく気持ちがいいです。

17zDSC05663

 

18番ホール 501m パー5

ストレートなパー5

18aDSC05665

キャプテンクックがオーストラリアに初上陸して飲用可能な湧水を初めて発見したのが、18番ホールのティーグラウンドの近くだったようです。 

18bDSC05666

18cDSC05667

18dDSC05668

自然の起伏を巧みに使い、視界が開けていて海が気持ちよく見える素晴しいコースでした。

また必ず訪れたいと思います。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments

comments

1 Trackback / Pingback

  1. ソウル経由でオーストラリアゴルフ旅 | ゴルフバカの気まぐれブログ

Leave a Reply

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください